本文をご覧になるにはタイトルをクリックして下さい
カテゴリ : 
日々の出来事
2021/10/8 17:57



大学入試『共通テスト』まで98日となりましたsad
残り2カ月ちょっとの過ごし方について
注意点を上げましたので、やれてなかったなと
思うものがあれば、やってみてください。
【共通テスト・英語の特徴】
★リーディングに関しては、全て読解問題です。
点数を伸ばすのに必要なのは・・・速読が必須ですenlightened
ちなみに、リーディングの試験時間は80分なので、
単純計算で1問解くのにかけられる時間は、
1.7分しかありません。

尚且つ、一番最後の第6問の配点が最も高いので、
この直前期には、時間配分を考えながら解くことを
意識しましょう。

また、この時期は過去問のやり直しなどを
徹底して、弱点補強をしましょう。

時間配分と正確に早く解く訓練をして、
1点でも多く点数を稼ぎましょうねenlightened


【健康管理について】
★受験で思うよな結果を出すためには、
試験当日の体調を万全にしておくことが大事です。
そのためには・・・
十分な睡眠時間とバランスの良い食事!

この時期は、気温の変化や乾燥がすすみ、
睡眠不足など無理をしすぎると風邪をひきやすい
状態になりやすいです。
 また、生活のリズムが夜型になっている人は、
朝型に変更しましょう。
(試験が始まる、3時間くらい前に起きる習慣を
土曜日・日曜日も同じリズムにしておきましょうね)



【メンタル面について】   
★3年生のこの時期は、最低毎月1回模試などを
受けている時期だと思います。
点数が思ったように伸びていないと、
不安になる気持ちはわかりますが、
あまりそれにとらわれず、目の前のことに
集中する
癖をつけましょう。
(模試は、その時の体調などで変動することが多いです。
特に現役生は、学校行事や中間・期末などもあり、
夏の疲れが出やすい時期でもあります。)

一喜一憂しないで、目の前のことを
一つ一つこなしていきましょう。


今年は、オリンピックイヤーでしたが、
大学入試もスポーツとよく似ています。
上記のように、『心・技・体』を整えることが
とても大事だと思います。
自分を信じて、最後まで頑張りましょうsmiley









 

カテゴリ : 
Kids校より
2021/10/4 18:30

Hello everyone,

英検のリスニングパートの直前対策についてです。
5、4,3級(1部のぞく)は 音声が2回繰り返されますので
イラストを確認したり2部、3部とも選択肢を確認する時間はありますので、
リスニングが原因で点が取れないと困っている方は
比較的少ないかと思います。

今回は、準2級以上のレベルついての対応です。
  
選択肢を選ぶ時間は10秒間しかありませんので、
選択肢を「先に確認する」!ことが重要です。
「先読みに当てられる時間はない!」と思うかもしれませんが、
英検準2級以上のリスニングは対話・英文、質問ともに一度しか読まれないため、
緊張のあまりわからなかったとか、聞き逃したという声をよく聞きますので、
「先に読んでおく」ことをおすすめします。

具体的な先読みの方法は、丁寧に確認するのではなく
キーワードになると考えられるもの(動詞・名詞など)に
マークをつけておくことをお勧めします。
また、選択肢をプラス・マイナスで分けておくのも手です。 

例えば、
 
1.He forgot to clean his room.
2.The wether was not good.
3. They will be the season champions.

1.2はマイナス、3プラスのように質問事項から
判断できることもありますので、時間が許す限り
選択肢に書き込んでおき、
一瞬で解答できる準備をしておきましょう。
自分がわかる範囲で問題用紙にメモのように書きましょう。

結果として、リスニング苦手な方は、上記の準備のために

リーディングの時間を5分~10分程度はをリスニング準備に
必要となりますので、
リーディングの時間調整をしてくださいね

では、残り約1週間ですが、あきらめずに頑張りましょう!



カテゴリ : 
お知らせ
2021/9/27 18:50

第2回英検テストが10月10日に実施されます。
当校も準会場として、小学生から大人まで
沢山の受験者がいます。

コロナ禍の状況でも学びは止められませんので
皆さん、合格にむけて準備万端のかたもいれば
これから準備するかたもいるかもしれません。
今回は、直前対策として、今からするべきことを
アドバイスいたしますね。



まずはリーディングライティングパートです。


自分のペース配分を確認⇒各問題に何分かかっているのか?
これは、模擬テストを実施して自分がどのパートに時間が
どれくらいかかってるか把握しましょう。


次に得意分野不得意分野を把握したら、
各問題に何分かけられるのか配分計画しましょう。

この点に留意してあなたなりの時間配分を調整してください。

時間が足りなかった受験生の特徴として
大問1でかなり時間をかけているようです
最初だから丁寧に解きたい気持ちは皆さん同じですが、
ここは、語彙が中心ですので、知らない語彙はいくら考えても
正解率は低くなりますので、わからないところは一応選択して
長文問題に時間を配分してください。


自信のない問題やよくわからない問題では、
とりあえずひとつ答えを選び、問題に印をつけておいて
時間があれば戻ってくると良いでしょう。

3級以上のリーディングパートでライティンパート
1番初めに取り掛かる方法もあります。
だからと言って、半分以上の時間を充てるわけにはいきません。

例えば、準1級なら25分、2級なら最大20分、準2級なら15
3級ならば10分とある程度必然的に決まってきますので、
めやす時間を守って成功につなげましょう。

リーディングのスピードを上げるポイントは、
目を早く動かすことです。
必然的に理解する脳がそのスピードについてきてくれるようになります。

ただ、これはすぐに身につくものではありませんので、
イメージだけでも常に持つようにすると変化してくるでしょう。

 

まだ1週間以上あるので、何度も過去問題を解きながら、
時間配分
そして間違った内容の見直しをしっかりとすることが、
当日の得点に繋がります。
頑張りましょう!
次回は、リスニングパートの直前対策についてです。



カテゴリ : 
日々の出来事
2021/9/10 16:04



レッスン風景をハースサイドの
公式インスタグラムで公開中ですwink






今回は、子供たちに大好評の
「プログラミング★ドローン飛行」
and
「スーパーキッズコース」の
小学3年生A君にご協力いただき
レッスン風景を撮影しましたblush

緊張しながらもとても良く読めていますので
是非、動画をご覧いただきフォローしてくださいenlightened

下記のQRコードを写真で撮影すると
インスタグラムへの誘導メッセージが
表示されますよsmiley




 

カテゴリ : 
お知らせ
2021/9/3 16:31



この度の感染拡大傾向に伴いまして、再度ご理解とご協力を
お願い申し上げます。


【生徒の皆様・保護者様へのお願い】

●マスク着用の上、ご来校、ご入室ください。

●レッスン前後の消毒・手洗いをお願いします。
●ご自身・ご家族様に発熱など風邪の症状がある場合は、
レッスンをお休み頂きますようお願いいたします。


【スクール内の感染予防対策】
●スタッフの検温の徹底
●全スタッフマスクを必ず着用
●レッスン前後の消毒・手洗いの徹底
●全ての教室の消毒・換気
●各教室・入り口ドアの定期的な消毒
●体調の悪いスタッフの出勤を控えさせる



オンラインレッスンのご提供について

現在当校は感染予防対策を徹底の上、
レッスンをしておりますが、
昨今のコロナ感染状況を鑑みまして、
オンライン(リモート)にてレッスンの参加も
ご対応しております。

お手数ですが、ご希望の方は、
受付までお申し出ください。



カテゴリ : 
日々の出来事
2021/9/2 18:47



ハースサイドの公式インスタグラムに
生徒様のレッスン動画や最新の情報を
アップしていますlaugh

今回は、小学1年生のスーパーキッズクラスで
フォニックスや絵本の音読を実際にやっているところを
動画でアップしています♪

フォニックスは、
アルファベットの音のルールを覚えることで、
音を聞いて単語を書きとったり
また、知らない単語でも読めるというものです。
(例、英字新聞の7割が単語の意味を
知らなくても読めてしまうsad

是非、ハースサイドの公式インスタグラムを
ご登録(フォロー)してご覧ください。

ハースサイドの公式インスタグラムは、
下記QRコードを読みこんでください。





 

カテゴリ : 
お知らせ
2021/8/19 18:31

この夏休みに頑張った成果を
発揮する機会がやってきましたyes

第2回英検®のお申し込みが
始まりましたので、
まだ申し込みが済んでいない方は、
ハースサイド受付までお越しください。

当校で受験可能な一次試験は、
5級・4級・3級・準2級・2級です。
ぜひ、チャレンジしてみてください。

そして、第3回の日程も決まっていますsad
今回は間に合わなかったけど・・・
と思っているあなたenlightened

短期集中で英検対策コース
受講も可能です。
例えば、英作文が不安・・・。
または、2次試験の英語面接が苦手・・・。
というような不安がある方は、
1カ月や2カ月だけでも受講すると
安心して本番に臨めると思いますよlaugh

詳しくは、受付スタッフにお問い合わせください。

093-243-3719

カテゴリ : 
日々の出来事
2021/8/14 13:10

前回に引き続き田代魁斗さんのお話しです。




  
前半の中で、田代さんはハースサイドの良さは、とにかく
沢山の外国人と触れ合えること、コミュニケーションがとれる環境が素晴らしいと
何度も話してくれました。
 
このような環境に早い段階で気づき、積極的に使う練習をしたことが
話せるようになった秘訣だそうです。


 では、後半インタビューです。
現在九大共創学部在学中ですが、英語はどのように役に立っていますか。

九大に限らず、どの大学も国際性を身に着けるためのツールとして
外国語に力を入れているかと思いますが、自分の学部も英語を使う機会は
様々な場面で日々あります。

英語ができて当たり前というか、その中でも自分は頭ひとつでている感じがするので(笑)
よく帰国子女に間違えられます(笑)
英語はハースサイドで学び、実践練習しながら身に着けてきました。
話せるようになったから、祖母が海外旅行に連れて行ってくれたり、
旅先でたくさん経験しながら使える英語をさらに身に着けました。

帰国子女だから英語を話せるわけではなく、
ハースサイドで学ばれている皆さんと同じように英語を学びながら、
ステップアップしてきました。
まずは単語からでも良いので、先生たちと話してください。
通じたよろこびがもっと話せるようになりたいに繋がります。

現在とこれからのこと

現在、自分はアップルの2次面接(アルバイト)を受けていますが、
もちろん英語での面接です。アップルで働くことが出来れば、
また世界が広がり、視野を広げることが出来ると思います。
英語が出来ることでアルバイトを含め選択肢が広がりました。
そこでの人との出会いや経験がさらに自分を成長させて
くれると思います。



英語ができることによって自分の考えや想いを伝えることができること、
世界の多様な価値観に触れる機会も増えます。
英語のその先に何が出来るのか、何をしたいのかを考えることが
ポイントですね。

将来外交官を目指す自分は、世界という舞台で物事を
考えることが重要になるので、もっと世界を知るため
努力し学びたいと思います。




後輩へのメッセージ
今はコロナ禍で海外にいくこともままならないですが、
様々なかたちで世界中の人とコミュニケーションをとることは可能です。


その始まりは、間違いなく、皆さんが通っている場所ハースサイドです。
ある程度の英語力を身に着け、間違いを恐れずに積極的に
英語を言ってみる、話してみることです。
難しかったり、苦手に感じる人は、まず自分の中で目標を作りましょう。
友だちと楽しく学習するとか、プレイブックをいつまでに合格するとか
こんな小さな成功体験が必ず、英語を話してみたい、話したい気持ちに
なります。

この学習環境を是非、上手に利用して、英語を身に着けてほしいですね。
そして、その先英語を使って何が出来るのか、何がしたいのかを考えてもらいたいです。


以上が田代さんのインタビューでした。

いかがでしたかenlightened
田代さんのインタビュー中、英語はツールに過ぎないという言葉が何度も
有りました。また、この英語というツールを持てることがどんなに素晴らしく、
必要なものなのかということも改めて話してくれました。

だからこそ、現在英語を学んでいる皆さんも必ず使いこなせる
ようになれるので、間違いを恐れず、使ってみましょう。
そして、英語を使ってその先に何ができるか、何をしたいのか
考えてほしいですねyes

Special thanks to Kaito ☆彡




 
 
 
 

カテゴリ : 
日々の出来事
2021/8/10 18:30



ハースサイドで5歳から英語を始め、現在大学生の田代魁斗さんが、
英語学習体験について話してくれました。

どのように彼は英語と向き合いながら、通訳が出来るレベルまで上達したのでしょうか。
当時を振り返りながらのインタビューです。



 現在、九大共創学部在学中の 田代さん
 ハースサイドに立ち寄ってくれました!


質問① 英語を始めたきっかけは?

5歳の時、偶然ハースサイドの前を母と通ったときにとても体格のいい
外国人の先生(レイモンド)を見て、自分にとっては、未知との遭遇というか(笑)、
それくらい衝撃的で驚きました。親に聞いてみると、英語の先生ということで、
外国人と話してみたい一心で入学することになりました。
 
当時、レッスンは、歌やダンスを中心に毎回楽しく通っていた記憶が残っています。
続けるうちに、次第に話せる喜び(話せると言っても最初は単語を並べたり
身振り手振りです。
外国人の先生からレッスンを受けられる喜びと楽しさが英語への興味も深めたし、
間違ったことを発言しても先生がうまく受け止めてくれたので、
もっと話せるようになりたいと思うようになりました。
今考えると通じた(そう思わせてくれた)という小さな成功体験の積み重ねが、
英語を学習するモチベーションになっていました。
 
その他にもサマーキャンプに参加したり、ハロウィン、クリスマスベントを通じて
異文化に触れられたことも貴重な体験でした。
 

②英語を学習するなかで、難しいとか嫌になることはなかったですか?

 難しいとは、まったく思わなかったです。もちろん文法であったり、
わからないこともありましたが、とにかくハースサイドにきて色んな先生たちと
コミュニケーションを取る ことが好きでしたし、レッスンで習ったことを、
即実践(アウトプット)していました。

 学んだことを試す!自分は、アウトプットの場所がハースサイドというのに
 早い段階で気付き、ロビーでも担任以外の先生たちに話しかけるようになりました。
 これは、沢山の外国人がいるハースサイドだからこそできた環境だと
 思います。



 ③ 話したいが、話せない人もいると思うが、どのように乗り越えたらいいか。

 英語に限らず失敗を恐れる気持ちはみんな持っていると思います。
 ハースサイドでは、失敗しても笑う人はいません。
 何か話すことが、自信につながるように先生とスタッフがサポートしてくれます。
 最初はつたない英語からでかまわないので、少しの勇気があれば
 大丈夫です。
 ハースサイドの先生たちは、間違いを成功に導いてくれるので
 少し勇気を出してみてください。

 自分も、皆さんと同じようにつたない英語からのスタートでした。
 徐々に話せるようになってくれば来るほど、まだまだミスが多いことにも
 気づきます。でも落ち込まずに、こういう風にはなすのかと思い
 新しい発見として学びを続けました。
 
 この発見学習がハースサイドでは沢山出来るんです。なぜならば
 外国人の先生がたくさんいる環境だからです。
 
 是非この環境をうまく使ってほしいいですね。

 パート②へ続きます。
 SEE YOU  SOON!
 


  
 
 

カテゴリ : 
Kids校より
2021/8/5 19:10







学校の授業で英語を習ってきたのにも関わらず、英語を話せない
という人は少なくありません。
その理由には、英語の4技能である「読む」「書く」「聞く」「話す」のなかでも、
学校の授業では「読む」「書く」「聞く」を重視しているというという背景があり、
発音への苦手意識が生まれやすくなってしまうのです。



そこで英語学習上重要なのががフォニックスです。
小学校へ入学する前に幼少期にフォニックスを取り入れた
英語学習を受けることで、英語の授業にも自然に溶け込めるようになります。

では、フォニックスのルールやメリットについてご紹介します。
英語を話せるようになりたい、子どもの早期英語を始めたい
、という人はぜひチェックしてみてください。

フォニックス(Phonics)とは、英語圏で生活する子どもたちが
正しい発音を身に着けるために作られた、英語の読み書きのルールです。
日本語の読み書きルールである50音順(あいうえお、かきくけこ) と
似たルールと考えてよいでしょう。

フォニックスには、アルファベットの26文字を アルファベット読みではなく 、
英語の発音である音読みにすることで、英語の正しい書き方と読み方、
そして発音を同時に覚えられるルールがあります。


フォニックスを学ぶメリット
・英単語を正しく発音できる
・聞き取った英単語を正しいスペルで書ける
・英語の上達スピードが向上する

・知らない単語でも推測で読めるようになる
  フォニックスのルールに当てはまる単語のみですが、知らない単語でも読めるようになります。

・発音が良くなる
 フォニックスを学んでいれば、ネイティブに近づきます。
・リスニング能力が向上する
 どの音がどう発音されるかが分かるので、リスニング能力も向上します。
・英単語を効率的に覚えられる
 フォニックスを知ると英単語のスペルが覚えやすくなり、英単語学習が効率的になります。
・英語能力全体の向上に役立つ
 フォニックスができるようになると、それを使ってどんどん自分で英語学習が進められます。
 例えばお子さんだったら自分で英語の絵本が読めるようになり、英語の多読につながります。

 最後に・・・
 
フォニックスの最終目標は発音の達人になることではありません。
 正しい発音で自立的にコミュニケーションがとれるようになることが目的です!

 発音は4技能とつながっています。なぜなら、私たちは英語に向き合っている時、
 自分の発音で英文を聞き、自分の発音で英語を話し、自分の心の声(=発音)で英文を書き、
 自分の心の声(=発音)で英文を読んでいるからです。
 コミュニケーションの入り口がフォニックスです。
 単語から文、文からパラグラフ パラグラフから会話へと広げていきましょう!