本文をご覧になるにはタイトルをクリックして下さい
カテゴリ : 
日々の出来事
2020/2/12 20:17

Hello!


今年は暖冬と言われて雪もほとんど降っていませんが、ここ最近の気温差や雨でグッと冬らしい寒さを

感じるようになりましたね(暦上はもう立春で春なんですけどね)。

さて、今日はちょっと真面目なお話をしたいなと思います。

年々台風が多かったり、雪が降らなかったり、夏が暑かったり、色々な災害なども起こる原因は

「地球温暖化」ではないでしょうか。


昨年からのこんなニュースを覚えていますか?



豪森林火災、変電所焼失で輪番停電の可能性 シドニー郊外に迫る火の手

https://www.afpbb.com/articles/-/3262119)

【1月5日 AFP】森林火災が猛威を振るうオーストラリア南東部で4日、空が黒く染まり、灰が降り注いだ。
主要都市への電力供給の断絶が懸念され、森林火災に対応するため、予備兵3000人が動員されている。


森林火災が起きているニューサウスウェールズ(New South Wales)州とビクトリア(Victoria)州の沿岸部は、高温と強風に見舞われている。
ニューサウスウェールズ州のグラディス・ベレジクリアン(Gladys Berejiklian)首相は、大規模な避難によって人的被害は最小限に抑えられるものの、
最悪のシナリオが「実現しつつある」と警鐘を鳴らした。

森林火災で変電所2か所と送電線が焼失したことを受けて、人口約800万人を抱え、同国最大都市シドニーがあるニューサウスウェールズ州の当局は、輪番停電を実施する可能性があると警告した。
南東部の人口密集地の大部分で非常事態が宣言され、3州で10万人超に避難勧告が出された。
4日には複数の緊急警報が発令され、シドニー南東の森林火災1件が同市郊外に到達する恐れが出てきた。
オーストラリア気象局(Bureau of Meteorology)の報道官によると、シドニー西郊ペンリス(Penrith)で観測史上最高となる48.9度を記録。首都キャンベラも、観測史上最高の44度を記録した。
昨年9月末から続いている森林火災では、これまでに23人が死亡したほか、ベルギーまたは米ハワイ州の約2倍に相当する面積が焼失し、家屋1500棟が被災した。(c)AFP/Holly ROBERTSON / with Andrew Beatty and Glenda Kwek in Sydney




コアラやカンガルーなどの動物たちに大変な被害が出ているとして大きなニュースになりましたよね。


では、つい昨日のニュースではどうなっているでしょうか?

 

豪シドニー、30年ぶりの豪雨で洪水 森林火災は鎮火



(CNN) 大規模な森林火災が続いていたオーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州が豪雨に見舞われ、一部地域で住民が避難、50校以上の学校が休校となった。ただ、この雨のおかげで長期間燃え続けていた火災も鎮火した。
オーストラリア気象庁によると、同州では24時間で200ミリを超す雨量を観測。
州都シドニーの雨量は4日間で391.6ミリに達し、1990年以来の大雨となった。

大規模な洪水も発生したため州教育省は10日、学校数十校の一時的な閉鎖を指示した。気象庁も同日、大雨や強風、さらなる洪水に対して警戒を呼びかけた。

一方、同州消防局は10日、今回の豪雨について、7日以来で30件以上の火災を消し止める助けになったとツイートした。
中には数週間から数カ月にわたって燃え続けてきた火災もあるといい、「しばらくぶりの朗報」と形容している。

同州カロワン地区で続いていた火災も、豪雨のおかげで8日に消し止められた。この火災は74日以上にわたって燃え続け、49万9621ヘクタールが焼失した。
消防によると、州内で延焼が食い止められていなかった残る5件の火災も、降り続く雨によって消火できる見通し。



火災が続き、連日40度以上を超える日が一変、1日でとてつもない量の雨が降り、今度は豪雨災害が起こってしまっています。
火災が鎮火することはいいことですが、安全な暮らしには程遠いですね。

私たちが暮らす北半球は冬ですが、オーストラリアやニュージーランドなど南半球は今夏の季節です。
ここ数年で地球温暖化は私たちの暮らしにダイレクトに被害が出てきていると感じます。

小さなことですが、冷暖房の温度設定やリサイクルなど地球のためにできることはたくさんあるので、一人一人が
気をつけていかないといけませんね。

カテゴリ : 
日々の出来事
2020/2/8 20:10

Hello!

2月4日で立春だったそうですが、今週は冬らしい寒さが続いていましたね。

ただいまハースサイドキッズ校は一年のまとめテスト週間です!

この一年で学んだことをおさらいする意味ですので、点数が悪かったから落ちるとかはないですので

リラックスして臨んでもらいたいです。


さてさて。

先日テストが早く終わったので、子供達と一緒にフォニックスカードを使って

「ジジ抜き」ゲームをしました。



(ババ抜きはジョーカーが一枚ありませんが、ジジ抜きは普通の数字のカードを抜くので最後までどのカードがジョーカーなのかわからないゲームです。
今回はアルファベットのカードを二枚1組の52枚から一枚引きました。)


さて、ジジ抜きの元であるババ抜きって英語だとなんというんでしょうか?
意外と聞いたことないですよね。ふと疑問に思ったので調べてみました!

英語では、「Old Maid」と言うそうです。直訳すると「適齢期を過ぎた独身女性」(wikipediaより)

今の時代からするとあまりいい表現ではありませんが。。。

昔はジョーカーではなく、クイーンを一枚抜いていたそうです。
クイーンは女王ですが、一枚引くことで「match(一組になる、結婚する)」する相手がいないと言う意味があったそうです。

日本ではこのOld Maidを訳して「おババ抜き」としたのでそこからババ抜きになったと言うことです。

またジジ抜きもおババ抜きから派生しておジジ抜きという訳が当てられたのでジジ抜きになったというわけですね。

普段何気なく使っている物の中でゲームは外国から入ってきたものもの多いですよね。
そのルーツから英語を学ぶのもありですね!


カテゴリ : 
一般校より
2020/2/4 15:50

2020年のスタートダッシュ!

目標を最短でた達成!
短期集中講座受付開始。


★実践会話力を身に付ける!
(英語・中国語・韓国語)

★進学・就職のための資格講座
(英検®・TOEIC・HSK・韓国語能力試験など)


※詳しくは下記までお問い合わせください。

☎093-243-3719



オリンピックイヤーで益々
外国の方と話す機会が増えたり、



高校入試や大学入試で資格があると
有利になったり、



また、就職や転職などでも
語学が堪能で資格に見合った実践力が
問われる時代となりました。




今からの時代は外国の方と
一緒に学んだり、お仕事をしたり
そんな機会が増えてくることが
予想されますenlightened

6カ月先、1年先の具体的な目標を
早く掲げて準備をされてみませんかwink



ハースサイドでは、15年の実績をもとに
多くのカリキュラムと
それを支える講師陣や
カウンセリングスタッフが
あなたをしっかりサポートしています。



まずは、無料の体験レッスン
カウンセリング

お越しください。

お一人お一人としっかりお話を
伺ったうえでご提案をさせていただきます。


※詳しくは下記までお問い合わせください。

☎093-243-3719

カテゴリ : 
日々の出来事
2020/1/23 21:20

Takuyaの留学記フィリピン編2
 
今回は初めてのフィリピン留学から約二年半後に行った二校目の学校HELP マーティンス校についての体験談を皆さんにシェアしたいと思います。まず初めてのフィリピン留学からの約二年半の間何をしていたかと言いますと、地元の英会話教室で子供から大人までのレッスンをしながら休日や仕事前などは英検の勉強をしていました。英検に合格して、満足できず国際的に認知度の高いIELTSを勉強しようと決心しました。バギオではHELPとパインズがとても有名な学校で、前回と違う雰囲気を味わってみたかったのもありHELPを選択しました。期間はフィリピン留学では平均的な3ヶ月でした。
なぜ3ヶ月かというと1日最低8時間ほど勉強する環境では長期間モチベーションを保つのが大変なことと、そのぐらいの期間で自分の英語力の変化に気づくことにあると思います。逆に言うとそれぐらいしても変化を実感するのに3ヶ月かかるということです。

HELPマーティンス校も母国語禁止ルールがとても厳しかったり授業数もあまり変わらなかったりと学校は変わっても平日の動きは特に変わることはありませんでした。1日8コマの授業後は宿題をこなす毎日でした。ただ1つ大きく変わったのは前回の学校と違い、今回はIELTSというテストコースを受講していたので毎週金曜日の授業後に3時間の模擬テストを受けなければなりませんでした。テストコースで勉強してみての個人的な感想ですが、国際的に認知度の高いTOEFLやIELTSは一般英語の中で最も難しいテストの部類に属すると思います。英検は日本での知名度は確かに国内トップかもしれないですが一歩日本を離れてみると誰も知らないですし、1級を持っていてもすぐにいい点数をとれると思って高をくくっていると痛い目をみることになります。IELTSについての情報はURLを貼っておきます。
毎日勉強漬けの大変な生活でしたが、その中でいかに自分なりの楽しみを見つけられるかがフィリピン留学を続けるコツだと思います。
例えば•••
• 毎月一度生徒の罰金で集まったお金でピザパーティー
• 金曜日のテストが終わった瞬間の安堵感とひとときの自由
• これを乗り切った時どれくらい英語が伸びるかの期待etc…
あとは人それぞれかなと思います。
 
フィリピンは基本的に英語を集中して勉強したい人にはとてもいい留学先ですが怠けようと思えばいくらでもできます。それは日本でも同じですが…
 
帰国前夜の友達との集合写真


 
ここまで読んで頂きありがとうございました。
フィリピン留学は近年とても人気がありどんな感じか知りたいという方には特にどんな感じか少し想像できかと思います。留学は十人十色なのでもし機会があったらどんどん挑戦してみてください!!
 
https://www.eiken.or.jp/ielts/

カテゴリ : 
日々の出来事
2020/1/11 19:30

推薦入試結果の報告がありましたsmiley

まず、ハース未来塾の大学入試対策英語クラスを
受講しているK君については
九州工業大学の情報工学
見事合格いたしましたyes



春からは、飯塚のこのキャンパスで
新しい生活をスタートすることとなりますlaugh

すでに年末にあった説明会で
数学と理科の宿題が大量に
出ているとのことでしたenlightened


また、同じく大学入試対策英語クラスの
Mさんについても
北九州市立大学の英米学科
見事合格ですyes




2人とも合格後もセンター試験を
受けたり入学後の課題に向けて
日々努力を続けています。

まだ、これから一般入試を迎えますが
皆さんが今までの努力の成果が
発揮できますように
スタッフ一同心よりお祈りするとともに
最後まで一緒に頑張っていきましょうlaugh

 

カテゴリ : 
日々の出来事
2020/1/4 21:00




2020年がいよいよ始まりましたね。
高校生・中学生の皆さんは
さらに気合が入っているかと思います。


大学入試センター試験まであと2週間‼



来年から共通試験になることから
今年しっかり現役合格を目指している
生徒様が非常に多いです。

今までの復習を徹底しenlightened
心と体の健康を保って
本番に臨んで頂きたいです。yes



また、県立高校入試も
3月10日に迫っています
indecision



本番を意識した練習を
積み重ねていますが、
時間配分と正解答の精度を
あげていきましょうねenlightened


ハース未来塾では、
個別対応のレッスンを提供しています。

最後まで、しっかりサポートしますので
一緒に頑張って合格を
勝ち取りましょう!yes





 

カテゴリ : 
日々の出来事
2019/12/28 20:47

前回Takuyaが留学したフィリピンのバギオについて少し書かせてもらいました。今回もその続編を書かせてもらいます!!
 
僕は2度フィリピンへの留学を経験しているのですが、初めは大学を卒業してすぐに行きました。ふつうは、就職するのが世間一般的なのですが、“もっと勉強したい欲”があり留学して英語をもっと極めようという選択をしました。2度目は1度目の留学から約2年半後です。この約2年半という期間は地元である鹿児島で英語を教えながら英検1級の勉強をしていました。英検が終わりさらに“あの欲”が出てきてしまい、もう一度フィリピン留学を決意しました。
 
僕は2度フィリピンに留学して2度ともバギオという地域の違う学校に行きました。
 
 
1つ目の学校はパインズインターナショナルアカデミーのチャピス校という学校です。
http://pinesacademy.com/ja/


 
最初に学んだパインズでは一般英語を学びました。
スケジュールとしては1日8時間のレッスンがありました。そのうち4時間がマンツーマン、残りがグループレッスンでした。それに加えてオプションクラスを取るか、もしくは先生の監視付きの自習を2時間とるかの究極の選択でした。
オプションクラスはギターの上手な先生が弾き方を教えてくれたり、発音のクラスで英語の早口言葉を練習したりするクラスでした。通常の8時間の授業でも当然、英作、単語暗記、慣用句の暗記、音読の練習などの宿題が課されていたので1日に12時間ほどは勉強していたと思います。寮の食事に慣れるまでお腹を下したり、先生たちいわくほとんどの生徒がなるそうですが•••それだけではなく、月曜日から金曜日までは外出も禁止、母国語禁止というルールがあり慣れるまでは自分で選んだ道を少し後悔するぐらいとてもきつかったのを今でも覚えています。ちなみに母国語禁止というルールは日本語が話せないのではなく、話しているのをマネージャーなどに見つかると罰金を払わないといけない制度でした。とはいえ実際には、思った以上に慣れるのは時間がかかりませんでした。その理由は恐らく国民性だとは思うのですが、多くの先生たちは陽気で明るく、話せるようになると自分に自信がついてきて友達も少しずつ増えてきたからだと思います。先生達の中には自分と同じ歳の方もいました。
土曜日の夜は毎週友達と街唯一の大きなモールSMに行って歩き回ったりご飯を食べに行ったりして過ごしました。日曜日は出かけたり月曜日の宿題をしたりパインズでの生活はこれぐらいしかしていません。というかこれ以外あまり選択肢がありません!笑
なので半強制的に勉強せざる終えない環境ではあります。
バギオは避暑地として有名で、山の中にあり自然はたくさんあるのですがそれ以外があまりないです。また、学園都市として有名で大学を含め学校が多く英語を上手に話す人達が他の地域と比べても、非常に多いので学んだ英語を店員さんに試したりするチャンスも多かったです。もし伝わらなかったら先生に質問して伝わるように練習したりとにかく試行錯誤の連続でした。
 
 
 


留学中の4ヶ月は異国の地ということもあり一度も散髪に行かなかったので空港に迎えに来てくれた親に別人と言われました!!
 
今回は、フィリピン最初の留学地パインズについてでした!次回は2校目のHELP マーティンス校について書きたいと思います!乞うご期待!!

カテゴリ : 
イベント
2019/12/27 18:21



本日、第1回Spelling Bee Contest を開催しました。

『Spelling Beeとは、単語の綴り(スペル)の正確さを競う競技会です。
綴りを正確に答えることが求められます。』

今日では世界各地で開催されアメリカ合衆国においては国民的な人気を有しており、
各地の大会を勝ち抜いた少年少女が競う全米大会は、テレビで生中継されたりもします。

当校でも、毎回のレッスンで約10分間単語&センテンスの読み書き練習を
取り入れていますので、今後第2回、3回と定型的に開催していきたいと思います。



今回のコンテストでは、2名の生徒さんが
満点でした。Excellent!!


カテゴリ : 
日々の出来事
2019/12/24 16:15

Hello!

今日はクリスマスイブですね♫

皆さんはクリスマスはどんな日かはご存知ですよね?!

もちろん、イエスキリストの誕生日です。(日本ではクリスマスイブの方がなぜか盛り上がっている印象がありますが...笑)

日本は大体12月初めから年末セールや忘年会などで、この時期とても忙しいですし、飲食店やショッピングモールは繁忙期ですが、
キリスト教圏の国では、クリスマス当日はほぼ全てのお店がお休みか、午前中のみの営業になります!
クリスマス休暇で海外旅行をしている人も多いですし、家でゆっくり家族との時間をとってお祝いする風習があるためです。
私もニュージーランドにいた時は、25日は働いていたお店が休業日だったので、語学学校の友達とホームパーティをしました♫

さてさて本題ですが、クリスマスの次の日はなんという日かご存知ですか?

Boxing Day(ボクシングデー)という祝日です!

ボクシングという名前が付いていますが、スポーツのボクシングとは全く関係ありません。

元は、中世の時代にお屋敷で働いていたメイドやバトラー(執事)はクリスマス当日も働かなければならず、お休みをもらえるのはクリスマス後の平日だったので、
そのお休みのことを指していると言われています。
またお屋敷の主人からChristmas Boxと呼ばれるお金や贈り物をもらい、それを26日に自分の家へ持って帰り箱(Box)を開けることから、Boxing Dayと言われる様になった説があります。

現在のBoxing Dayはバーゲンの日です!
最近はBlack Fridayが日本でも浸透してきましたが、Black Fridayはどちらかというとアメリカのバーゲンの日で、Boxing Dayはイギリス連邦やカナダなどの国々で主流です。
祝日なんですが、多くの人はすでにクリスマス休暇でお休み中なので、祝日だ!休みだ!というハッピーな感覚はあまり無いようです笑

日本は年末年始の休暇は一週間程度ですが、海外はクリスマス前の23日や22日ごろから1月の中頃までの約1ヶ月をクリスマス休暇としてお休みする方も多いので、羨ましいですね♫
この時期に海外に行かれる方は、お店が開いてなかったり短縮営業だったりすることも多いのでぜひ気をつけてみてください。

ではMerry Christmas!

カテゴリ : 
日々の出来事
2019/12/21 21:14

 12月21日、中間市観光ガイド英語養成講座が中間市地域交流センターにてあり、
 当校の教師が講座を担当いたしました。

 この企画は『中間市域の文化遺産や地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら 
 歩く「フットパス」を活用し、中間市の魅力を来訪者に伝える役割を担う観光ガイドを
 養成することを目的』とされ全9回の講座内容があります。


 

  参加者は、高校生からシニアの方まで幅広い年齢層で、
  講座内容は、挨拶から始まり、日本の文化の紹介の仕方
  形容詞を使ったアクティビティ等 あっと言う間の2時間でした。

  最初は、小さな声で恥ずかしそうなご様子でしたが、
  段々と声も大きくなり、最後はロールプレイを
  ペアで発表していただきました。

 
  今回の講座が少しでもお役に立っていただければ
  幸いです。


  
  当校のオリジナルテキストです。