• カテゴリ Kids校より の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
本文をご覧になるにはタイトルをクリックして下さい
カテゴリ : 
Kids校より
2022/5/13 14:01






「フォニックス学習の重要性を知っていますか?」
答えは、
お子様の英語教育をスタートするにあたり、フォニックスを
学ぶことは非常に重要です!


今回は、英語 イコール 英会話、文法学習と思われている皆様に知っていただきたい
フォニックス学習の重要性をご紹介します。

フォニックス学習をしているか否かでその後の英語学習に非常に差が出てきます。
では、どうしてでしょうか?

理由①
4技能をバランスよく身に付けられるようになる
英会話のみの学習にある
「英語は聞けるけど読めない、書けない」を防ぎます


理由②
英語学習に非常に効果的な多読が出来るようになります。

多読の効果というのは、本当に素晴らしく当校の生徒さんで実証済みです。



ある一定の時期にフォニックス学習を取り入れる
ことによりその後の英語学習のサポートツールとしても
英語学習上の大きな武器になります。



※フォニックスの体験学習を実施中です。
  是非、体験してみてください!



 Thank you for your reading !See you soon!


カテゴリ : 
Kids校より
2022/4/12 22:30




【バイリンガルと同じ学習法で
 英語4技能をバランスよく身につけ
 英検も合格してしまう】!


   ハースサイドの英語学習とは、

  • 読書(英語絵本)を通じて本物の英語力を身につけます。
  • ダイレクトメソッド(英語を英語でまなぶこと)&英英辞書で英語脳を作ります。
  • 当校オリジナルメソッド(圧倒的なインプット&アウトプット)で4技能プラスアルファ(表現力・発信力)を身につけます。
 
 
当校のスーパーキッズコースでは、上記を取り入れた
カリキュラムにて未就学児から小学生を中心に英語の
英才教育をしています。
 
よくある英検合格のための学習法ではなく、
日々の積み重ねで本物の英語力が身につきます。
英検はあくまで現在の英語力を把握することや
モチベーションアップのための受験にすぎません。

 
英語を習得することが最終ゴールではなく
 是非、
英語を夢の実現のためにに使えるように
 しましょう。

 当校では、お子様の英語力チェックと
 今後の英語学習のカウンセリングをしていますので
 お気軽にご相談ください。

 電話:093-243-3719
 mail: nakamakid@hearthside-ls.com

カテゴリ : 
Kids校より
2022/2/19 16:30

是非、子供に読んで欲しい多読用絵本


文字を読めるようになる段階として、音を聞くことは不可欠です。
英語の音を理解する手段として絵があると、
「音声を聞くこと」「絵や文を見ること」の両方から情報が
入ってくるので、より本の理解を助けてくれます。
  様々な音声付きの絵本がありますが、特におすすめの絵本は、
オックスフォードのリーディングツリーです。
全ステージの全ページに絵とCDがついています。
海外では、国語のテキストとしても使用されていますyes


最初は・・

はじめは字を読むことが難しくても、音と絵だけで、
ある程度理解できます。
音と絵が理解できたあとは、ページに書いてある文と、
絵を結びつけて内容を理解することができるのです。
絵があることが、お子様の推察能力と想像力を培うことも、
英語学習の副産物になります。
親しみやすいキャラクターが子どもたちにとって取り組みやすくなっています。
 
お子さまに「読み聞かせ」をしたり、「音読」させたりと、
使い方のバリエーションはとても多いです。
stage1 では、3~5語のごく単純な単語のみを並べたような
ページが最後まで続いていたのですが、2文・3文と、
1ページにおける文字の文字の量が多くなり、
最後には1冊に約1500語の英語に触れるようになります。
 
 
お子さまのレベルに合わせてほんの選定ができます。
上のステージへ読み進めた頃に、レベルを下げて文字だけを
追って読むなどの、英語力をあげる手段として長く愛用できる本です。

当校では、オックスフォードのリーディングツリーをレッスンの
中でも使っています。表現力と発信力を培うことができ
スピーチ練習にも大いに役立っています。

ご興味ある方は、是非お問い合わせくださいませ。

お問い合わせ:093-243-3719


 



 

カテゴリ : 
Kids校より
2022/2/12 19:40

春から英会話、韓国語、中国語など語学を
始める方も多いいですね。

特にキッズは、4月からと考える方が多いのではないでしょうか。
折角始めるならば、英語好きに、さらに英語が得意に
なってほしいですね。

英語脳を作るための心構えをご紹介します。




英語脳ってどんな脳?

英語脳は、「英語を英語のまま聴いて話すことができる脳」
つまり 英語の音声を認識できる脳です。

「英語脳」は例えの言葉で、そういう脳が実在するわけでもありません
しかし、一般的には日本語のように、当たり前に英語が使えることが
 理想的な英語脳の状態です。英語を読んだり
 聴いたりしてすぐに意味を理解し、英語で思いを自然に話せて
 書くことができるということ。これが英語での「瞬発力」です。

 わかってるけどできない~(心の声)
  英語脳を育てるには、下記の条件を満たす
  学習環境を整える必要があります。


   language exposure(英語のインプット)
   language use(英語のアウトプット) 
   urgent need(英語を使う必要性)

 

 上記の3条件は私たちが日本語を習得した環境と同じなんです。

  
でも、なかなか同じ様には出来ないし、保護者の中には、
  英語は苦手な方もいらっしゃいますよね。



 未就学児のお子様は、お子さんが英語を学ぶときに
 自分も一緒に学ぶのが一番です。
 お子さんに抜かれてもかまいません。
 一緒に楽しむことが大事です。
 


  小学生以上になると、スクールで習ってきたことを、
  問いただすのでなく 「へー、こんな言い方するんだ」
  「うまいね、もう一度、発音してみて」(積極的にほめましょう)
  気軽に、英語を学ぶ時間を持ったり空間を作りましょう。
  親に興味も持たれていると、お子様は頑張りたいという
  気持ちを持つようになりますので、この気持ちが
  芽生えることが大切です。
  上記の3条件は、このような環境が整ってきますと
  徐々に養成されます。こ積み重ねが英語脳を作ります。
  また、いつからでも英語脳は作れます。
  是非、英語脳への一歩を始めてみませんか。

 

 当校では、カウンセラーがお子様の学習指導や進路指導を
 しております。お気軽にお声かけ下さい。

 また、現在4月スタートのクラスを募集中です。
 体験レッスンをご希望の方は、お早めにどうぞ!
 スタッフ一同お待ちしております!

 お問い合わせ:093-243-3719



 
 


 


 

 


カテゴリ : 
Kids校より
2021/12/6 18:50




12月は、第人気のクリスマスレッスンが12月20日から25日迄あります。
今回は、子供たちの人気者、サンタクロースについての雑学をご紹介しまししょうenlightened
 
 
サンタクロースは、本当にいたのでしょうか?
サンタクローロースは実在の人物をモデルにしています。
 
その名は、セントニコラウス氏といいます。
この名前を3回行ってみてください
何となくサンタクロースに似てきませんかdevil
 
その人柄は、困っている人を助ける本当に素晴らしい人で、
ある日、困っている家庭に金貨を煙突から投げ入れました。
すると暖炉のそばにあった靴下にこの金貨が入りました。
 
これが由来として、サンタクロースからのプレゼントは
靴下に入れてもらうになったようです。。
 
 
また、サンタクロースの衣装の由来は、ある有名な飲み物から来ています。
さて、何でしょうか?


 
 
 
コカ・コーラの赤白が由来です。コカ・コーラを普及するための戦略として
サンタクロースの衣装になったようです。面白いですねenlightened

次回もお楽しみに!



カテゴリ : 
Kids校より
2021/10/4 18:30

Hello everyone,

英検のリスニングパートの直前対策についてです。
5、4,3級(1部のぞく)は 音声が2回繰り返されますので
イラストを確認したり2部、3部とも選択肢を確認する時間はありますので、
リスニングが原因で点が取れないと困っている方は
比較的少ないかと思います。

今回は、準2級以上のレベルついての対応です。
  
選択肢を選ぶ時間は10秒間しかありませんので、
選択肢を「先に確認する」!ことが重要です。
「先読みに当てられる時間はない!」と思うかもしれませんが、
英検準2級以上のリスニングは対話・英文、質問ともに一度しか読まれないため、
緊張のあまりわからなかったとか、聞き逃したという声をよく聞きますので、
「先に読んでおく」ことをおすすめします。

具体的な先読みの方法は、丁寧に確認するのではなく
キーワードになると考えられるもの(動詞・名詞など)に
マークをつけておくことをお勧めします。
また、選択肢をプラス・マイナスで分けておくのも手です。 

例えば、
 
1.He forgot to clean his room.
2.The wether was not good.
3. They will be the season champions.

1.2はマイナス、3プラスのように質問事項から
判断できることもありますので、時間が許す限り
選択肢に書き込んでおき、
一瞬で解答できる準備をしておきましょう。
自分がわかる範囲で問題用紙にメモのように書きましょう。

結果として、リスニング苦手な方は、上記の準備のために

リーディングの時間を5分~10分程度はをリスニング準備に
必要となりますので、
リーディングの時間調整をしてくださいね

では、残り約1週間ですが、あきらめずに頑張りましょう!



カテゴリ : 
Kids校より
2021/8/5 19:10







学校の授業で英語を習ってきたのにも関わらず、英語を話せない
という人は少なくありません。
その理由には、英語の4技能である「読む」「書く」「聞く」「話す」のなかでも、
学校の授業では「読む」「書く」「聞く」を重視しているというという背景があり、
発音への苦手意識が生まれやすくなってしまうのです。



そこで英語学習上重要なのががフォニックスです。
小学校へ入学する前に幼少期にフォニックスを取り入れた
英語学習を受けることで、英語の授業にも自然に溶け込めるようになります。

では、フォニックスのルールやメリットについてご紹介します。
英語を話せるようになりたい、子どもの早期英語を始めたい
、という人はぜひチェックしてみてください。

フォニックス(Phonics)とは、英語圏で生活する子どもたちが
正しい発音を身に着けるために作られた、英語の読み書きのルールです。
日本語の読み書きルールである50音順(あいうえお、かきくけこ) と
似たルールと考えてよいでしょう。

フォニックスには、アルファベットの26文字を アルファベット読みではなく 、
英語の発音である音読みにすることで、英語の正しい書き方と読み方、
そして発音を同時に覚えられるルールがあります。


フォニックスを学ぶメリット
・英単語を正しく発音できる
・聞き取った英単語を正しいスペルで書ける
・英語の上達スピードが向上する

・知らない単語でも推測で読めるようになる
  フォニックスのルールに当てはまる単語のみですが、知らない単語でも読めるようになります。

・発音が良くなる
 フォニックスを学んでいれば、ネイティブに近づきます。
・リスニング能力が向上する
 どの音がどう発音されるかが分かるので、リスニング能力も向上します。
・英単語を効率的に覚えられる
 フォニックスを知ると英単語のスペルが覚えやすくなり、英単語学習が効率的になります。
・英語能力全体の向上に役立つ
 フォニックスができるようになると、それを使ってどんどん自分で英語学習が進められます。
 例えばお子さんだったら自分で英語の絵本が読めるようになり、英語の多読につながります。

 最後に・・・
 
フォニックスの最終目標は発音の達人になることではありません。
 正しい発音で自立的にコミュニケーションがとれるようになることが目的です!

 発音は4技能とつながっています。なぜなら、私たちは英語に向き合っている時、
 自分の発音で英文を聞き、自分の発音で英語を話し、自分の心の声(=発音)で英文を書き、
 自分の心の声(=発音)で英文を読んでいるからです。
 コミュニケーションの入り口がフォニックスです。
 単語から文、文からパラグラフ パラグラフから会話へと広げていきましょう!

 

 
  

カテゴリ : 
Kids校より
2021/7/24 18:30

昨年より小学校5年生から英語が教科になりましたね。
つまり、2年前までは、中学1年生で学習していた英語を前倒しにすることで
中学での英語学習をより実用的なものにし英語を使える人を増やすことが目的です。
 


 
世界の中の日本は、今まで以上に英語の重要性が増す国際化の中、
日本のマーケットは縮小が進んでおり、日本の外に可能性を求めるのが
当たり前の世の中です。
また、ネット上の情報の70%近くは英語で書かれており
、日本語はたったの3%のようです?!
英語を母国語または第2言語として使用している人は世界には4人に1人だとか。


英語ができることは、世界の情報を得ることであり、
世界と繋がりやすい
と言えますね。

お子さまの英語教育を積極的にするメリットは、このような架け橋
作ってあげられるということですね。




 そのための幼児期から小学生の間に英語学習法で大切なことをご紹介しますね。


~幼児期からの英語学習法で大切なこと!~

  • フォニックスを学ぶ
  • 絵本の読み聞かせ
  • 英語を使って遊ぶ
  • 外国人とコミュニケーションをとる機会を持つ

 上記4点は、英語学習を成功させるうえで大切な4点です。
 では、具体的にどのように取り組めばよいのかを次回ご紹介しますね。
  SEE YOU  SOON!
 

カテゴリ : 
Kids校より
2021/7/17 19:40

What is 『SDGs』?

皆さんはすぐに答えられますか❓

SDGs
(エスディージーズ)「持続可能な開発目標」

最近は、子供向けのイベントでも「SDGs」関連のテーマが多くなりました。

CMなどでも目にすることが増えましたね。

今回、中学生の英語スピーチコンテストのテーマが「SDGs」をテーマに

しかも内容も自らSDGsに関連することを英文でつくることが課題です。

周りから「SDGsもよく知らないのに、まして作文を英語で作るなんて」
という声もきこえてきます。

そこで改めてSDGs世界の状況を調べてみました。



 

今の子供たちにとって、大切な自分たちの問題ではありますが、

現在 日本でのSDGs認知度はわずか19%にとどまっています。

世界はおよそ71%なのに、なんと低いことでしょうか。

SDGsには世界共通の17の目標と各地域の企業等の取り組みがあります。









課題解決に向けて世界の取り組み、日本の取り組み、企業の
取り組みを学び、自分で考えてみませんか。

SDGsが国連で採用され5年が経ちましたが、
自分にできることは必ずあります。
まずは、関心を持つことから始めましょう。


 



 

 

カテゴリ : 
Kids校より
2021/7/2 17:10




英検を小学生が受けるメリットとは?

御存知のように英語は、小学校5年生から教科となりました。
以前のように英語は中学からという流れではなく
中学1年生で英語の授業は、ある程度学習していると
みなしての英語の授業です。
しかしながら、各小学校での取り組みや進路に差が
出ているのが現状です。
では、どのようにしたら中学の英語授業に欠かせない
ベース作りが出来るのでしょうか。





 

当校では、英検をお勧めしています!!

小学生が英検を受けるメリットは沢山ありますが、

①テストで合格し「級」がもらえる達成感
②中学入学後に英語が苦手にならない
③中学受験で試験免除もある等です。

 特に①は、頑張れば結果がついてきますので
 「もっと英語を勉強したい」に繫がります。
 
まずは5級(中学1年生程度)からですが、
小学校の英語授業で、5級の半分以上の単語を学習することに
なっていますので、決してハードルは高くありませんね。

以下は、英検協会から発表されています5級チェックリストです。


  5級 Can-doリスト

 ・アルファベットを読める/大文字小文字がわかる
 ・日常生活の簡単な単語を理解できる/聞き取れる
 ・日常生活の身近なことを表す簡単な分を理解できる・聞き取れる
 ・日常的な挨拶を理解できる
  以上が目安となります。

  いかがですか❓
 また、一人学習できない方は、夏期講習等で
 グループで英検学習することもおすすめです。

 当校も夏期英検コースがありますので、ご興味
  ある方は、お問い合わせくだい。

 
 夏期英検コースお問い合わせ
 093‐243-3719