• カテゴリ Kids校より の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
本文をご覧になるにはタイトルをクリックして下さい
カテゴリ : 
Kids校より
2018/12/17 18:30

   

本日からキッズ校ではクリスマスレッスンがスタートしました。

ロビーと教室の一部にもデコレーションがされ、イベントの雰囲気作りをしていますよ。

 

TV横の本棚にもクリスマス用の絵本が並べられています。

絵本の色彩に、思わず大人も見入ってしまう本や、様々の仕掛けがある物が多く

ワクワクしますね。

 

本日は、届いたばかりの絵本をご紹介しますね。

 

Eight Jolly Reindeer

 サンタクロースと共にクリスマスプレゼントを運ぶ8頭のトナカイたちがいるのは

 ご存知ですね。でもこのトナカイ達にはちゃんと名前があるんですよ!

 全部言えますか? お子様と一緒にストーリーを確認しながら名前を覚えてみましょう。



 

 I wish you a merry Christmas!



カテゴリ : 
Kids校より
2018/9/29 21:20

  小学校では2020年よりプログラミング教育が始まります。

「学習指導要領改訂」に伴い、「プログラミング教育の必須化」となります。

 総合的学習時間を利用しながらプログラミング的思考能力を身に付ける

 ことになります。
 具体的にどのように取り入れられるのかは、追々ご案内しますね。

 

 ここで、なぜ、プログラミング教育が必須化されるのか?ということに
 触れておきましょう。

 

 これは大学入試制度が廃止され、新試験制度がこれまでの「知識を問う問題」から

 「思考力・判断力・表現力を評価する試験となりますので、この能力を鍛えるための

  プログラミング教育なのです。

 

  そして、このプログラミング的思考は、将来、多種多様の仕事に影響を
 与えることになるといわれています。

 ネットでは、近い将来になくなる仕事としてたくさんの業種が挙げられていますが。。。

 AI人工知能の能力が、人間の能力を越えることによりこのような状況が

 起こりうると危惧されていますね。

 これからの時代は。人口知能にできないことを培っていかなければなりません。
 そのために子供時代からのたくさんのTRY&ERRの経験がとても大切になります。
 まさに、ここにプログラミング的思考があります。
 






 当校では、単なるプログラミング講座ではなく、お子様の生きる力となる
 プログラミング的思考の育成に力を入れています。

 また、当校ならではの、プログラミング✕ 算数
            プログラミング✕ 英語 のスーパーキッズクラスを

 開講いたしますので、是非、説明会にお越しくださいませ。
 

 

 


  




 

 

 


カテゴリ : 
Kids校より
2016/11/10 20:39


10月29日(土)イオン中間でイベントがありました。smiley

ちょうど、ハースサイドでもハロウィンレッスンウイークでしたので、

イベントに飛び入り参加して来ました。enlightened



写真は、仮装についてインタビューを受けている様子です。wink






生徒さんと先生の仮装が、かなり気合が入っていますyes

来年は、どんな仮装にしようかなsad



カテゴリ : 
Kids校より
2015/12/19 14:10

                            引き続きクリスマスレッスンの様子をご紹介しますね♪
                         

     Andy先生のクラスではReindeerを作成中ですが、勝手には作れないのが
     ポイントです。さあ、誰が早くできるかな?

        
        reindeerの顔ができてきましたねyes どきどき・・
        
         Misako先生のクラスでは、find &makeアクテビティを
        していますね。みんな夢中でと取り組んでいますよyes




         
         YOICHI先生のクラスでは、クリスマスボンゴで
         盛り上がっていますね。教室には子供たちの笑顔があふれていましたよheart

       
       ロビーでは、Andyサンタが、子供たちをお出迎えしていますsmiley

       
       最後に入口のデコレーションですblush
         
                to be continued                 
                      

カテゴリ : 
Kids校より
2015/5/8 18:30

Misako先生がFinlandに行ってきました surprise

フィンランドの首都はヘルシンキ、子供たちにはは、サンタクロースがいる国、ムーミンの国
として馴染み深いかもしれませんねdevil

    
  お土産のチョコレート名にムーミンが使われていますよyes




あと有名なオーロラです。

   
 とても幻想的ですねcool




    

   一年を通して極寒のため法律でヒーターが義務付けられているそうです。

  

  本場のサウナ体験やポーラーベアのいる動物園に行かれたそうですheart


  

 サンタクロース村のサンタの仕事部屋には本棚があり、本には世界中の子供たちの住所が
 書かれています!


 フィンランドは福祉の国でもあり税金が高いため物価もかなり高めということですが、
 行ってみたい国のひとつになりましたheart              Mihoko
                                             
 
 
 

カテゴリ : 
Kids校より
2015/4/27 20:50

英語絵本は、子供が英語を学ぶ上で優れた教材のひとつですsmiley
当校でもORT(oxford reading tree)を教材として使っていますが、既に大人気です!

絵本は、子供たちの大好きな絵がたくさんあり、まず見ているだけで楽しいのです。
そこに自然な英語表現が紹介されていますので、英語のリズム、発音、文法、特に文化が
インプットされますねyes

     


本日ご紹介する「The lady with the Alligator Purse .」は、
これ本当?とおもわず言ってしまいそうな出来事の連続が
子供たちをいっきに絵本の世界へと引き込んでしまうストーリですheart

繰り返し読むうちに必ず暗唱できるセンテンスと病気の名前と職業の名前も
一緒に覚えられる楽しい絵本ですyes
キッズ校に置いていますので是非ご覧くださいねsmiley                 Mihoko


カテゴリ : 
Kids校より
2015/4/17 19:00

        
                                   
              
 
                                    Douglas先生のスーパーキッズクラス!
             レッスンは、 いつも明るく元気な声が聞こえますyes


                                          Kiyo先生のフォニックスクラス。
                 とってもわかりやすいと大好評ですheart


    
              
                Douglas先生のフォニックスクラス。
                今日学習したところをアクテビィティで練習中ですねenlightened

 
                             

                カリル先生のクラスは、「I see you.You see me」のreading
                                           練習中ですね。
                   

               
               毎回レッスンの中でゴールが決めれれているので
               生徒たちもゴール目指して積極的に練習していますねyes                
              今日は、3つの気持を言ってみよう!でした。
              「I'm hungry.」「I'm sleepy.」「I'm angry」などなど、
             ちゃんと言えたらシールをゲットyes
                
            これからも楽しいレッスンをお届けしますのでお楽しみに!!
                



カテゴリ : 
Kids校より
2015/4/10 14:30



今年度も沢山の新入生が英語をスタートいたしました。yes

お子様を「国際人として世界に羽ばたかせたい」、という保護者のかたの思いも

年々増えています。heart

このような中で、よく「どれくらいで英語を話せるようになりますか?」と質問されること

がありますので、ご紹介させていただきますね。

言葉は、インプットがなければアウトプウトはできません。 では、どれくらいの

インプットが目安となるのでしょうか。ある程度の目安としてお伝えしているのが2000

時間です。

一日に6時間くらい英語に触れると365日で約2000時間となり、コミュニケーション

ができるようになります。



そのためにご家庭で出来ることは、CDを聞くことです。しかしながらいつも同じものだと

飽きてくるので、教材用ではないCD(絵本など)を聴くことによりやる気も持続可能です。


CDの聞き方ににも2通りあります。何かをしながら聞く場合と、しっかりと聴く場合です。

どちらもめりはりをつけるためには大切な方法ですので、チャレンジしてくださいね。

目指せ2000時間!!!

(その他にも学習方法等でのご相談を受け付けしていますので、お気軽にご相談下さい。)

                                           Mihoko




カテゴリ : 
Kids校より
2015/4/6 13:40

             
             Ricky先生のクラスは大きな声でフォニックスの練習中。

             
              Josh先生のクラスは、教室に入る前に必ず一人ずつ
              コミュニケーションをとっています。

             
              Dean先生は、絵本の読み聞かせをしています。



              
               ひとりずつマイクをもって練習中!キッズはこんな
               アクテビティが大好き!


キッズ校は、4月4日から新年度がスタートしました。smiley

今年は、新しい先生も含めて9人の先生がキッズを担当いたします。

順次レッスンの様子をご紹介いたしますねheart


会話コース・フォニックスコース・スーパーキッズコース・英検コース・プライベートコース

新しいテキストを手にした生徒たちは、興味津々で、早速テキストをめくっていましたよ。

「絵がたくさんのってる!」「歌もあるよ!」「パスポートがのってる!」など感想も
十人十色surprise

毎回、レッスンでのゴールを設定し達成できるよう教師も様々なアクテビィティを
準備していますのでお楽しみに!!!!yesyes                 Mihoko


《保護者の皆様へ≫

いつも当校にご理解とご協力を賜りまして、有難うございます。
心よりお礼申し上げます。
「地域から世界へ」羽ばたけるお子さまを育てらるインターナショナルスクールとして
今年度も充実したレッスンと様々なイベントをご用意しています。
 本年度もどうぞよろしく お願い申し上げます。   
                                          




カテゴリ : 
Kids校より
2015/2/9 16:30



本当の意味での英語力を正確に測定するために

英語入試が変わります。

先月、文科省より大学の英語入試が2020年を境に大きく変わるとラフ案が

発表されました。

日本の英語力はアジア圏ではかなり低いと判断されていますが、決して低いのでは

なく、大学の英語入試に高得点をとらなければならないという学習環境と



世界の英語力を判定するTOEICに不慣れなことや、経験が浅いことから

毎年最下位に近い判定をされているのが現状かと思います。

当校の生徒さんでも「聞く話す読む書く」、この4分野のうち(もちろん基本は聞くことで

すが、)読む書くより、話すことが一番得意とされる生徒さんも多くいます。

しかしながら高校入試と大学入試では、話すことを求められませんので

入試目前になるとやはり聞ければ、読めれば、になっているのです。

今後は、本当の英語力=発信力が身に付く入試となることが本当に嬉しいです。

相手の言い分は理解できるが、こちらの意見を主張することは出来ない英語力では

ビジネス社会では通用しません。

入試に「話すこと・書くこと」が求められれば、ごまかしのの利かない部分であり

確実に英語力は向上するでしょう。