• カテゴリ 日々の出来事 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
本文をご覧になるにはタイトルをクリックして下さい
カテゴリ : 
日々の出来事
2019/11/12 22:02

Hello!

昼夜の寒暖差が大きく服装がよくわからない季節ですね。
夜は寒いけど太陽が出ている時間は半袖でもいいんじゃないかと思うくらい日差しがあり、いつも迷います。


さてさて。今日は各国の「お金」についてお話ししようと思います。
先日中間市内の小学校で行なっている放課後イングリッシュスクールで来てくれている子供達と、海外のお金について話す機会がありました。
その時一緒に講師をしたのはイギリス出身のマイケル先生です。
ちょうどマイケル先生がイギリスのお札を持っていて子供達に見せていました。
子供達は初めて触る海外のお札に興味津々!

お金の絵柄や材質など、その国々の特徴が表れているのをご存知でしょうか?
まずは我が国日本のお金。
お札は歴史上に名を残した方々の肖像画ですよね。(一万円は福沢諭吉、五千円は樋口一葉、千円は野口英世)
材質は紙です。
2024年に新しいお札が発行予定です。

ではマイケル先生やアンディ先生、マーティン先生の母国イギリスはどうでしょうか?


お札のおもて面には全てエリザベス女王の肖像画が描かれています。


裏面が歴史上の人物が載っています。


5ポンドはチャーチルさんが載っています。



10ポンドはイギリスの作家ジェームスオースティンという女性が載っています。

イギリスも今順々に新紙幣が導入されています。今まで紙製だったものがポリマー製になり、簡単にいうとプラスチックになった感じです。
破れにくいですし、偽造防止の意味も込められています。


では次は光賢先生の国、韓国の紙幣です。


レートがあるので一概には言えませんが、10000ウォンが日本円で約1,000円くらいです。
2009年までは、最大の貨幣が10000ウォンしかなく10000円の買い物をするときはお札が何枚も必要だったそうです。
そこで2009年より50000ウォン紙幣が流通されました。
韓国も、おもて面は歴史上の人物の肖像画ですが、裏面は様々なものが載っていますね。


最後に杜先生の出身国、中国です。


おもて面は建国の祖である毛沢東です。また裏面は中国国内の有名な場所の風景画になっています。
中国の紙幣も偽造防止を目的として、今年の8月から徐々に新紙幣が流通しているそうです。ただ絵柄は変わらず色合いが少し変わったり、角度によって反射するような
加工が施されるそうです。

最近は海外でもクレジットカードで済ませられるので現金に換金する回数も減りましたが、旅行に行くとやはりその土地のお金って記念にとっておきたいですよね♪

カテゴリ : 
日々の出来事
2019/10/31 17:47

Hello  こんにちは  アンニョンハセヨ

今年も残すところあと2か月

1年はあっという間ですね。

英語・日本語・韓国語シリーズも4回目の

ご紹介となりました。

今回は家族の呼び方の違いを少しご紹介させて

いただきます。

mother  ⇔  母・お母さん  ⇔  オモニ・オンマ
father  ⇔  父・お父さん  ⇔  アボジ・アッパ
wife  ⇔    ⇔  アネ
husband  ⇔    ⇔  ナンピョン
daughter  ⇔    ⇔  タル
son  ⇔  息子  ⇔  アドル
sister  ⇔  姉妹  ⇔  オンニ・ヨドンセン
brother  ⇔  兄弟  ⇔  オッパ・ヒョン・ナムドンセン
grandmother  ⇔  おばあさん  ⇔  ハルモニ
grandfather  ⇔  おじいさん  ⇔  ハラボジ
granddaugter  ⇔  孫娘  ⇔  ソンニョ
grandson  ⇔  孫息子  ⇔  ソンジャ


参考になりましたか?

ドラマやニュースで耳にした時に少しだけでも

あ~~!!と思っていただけたら・・・laugh

では、次回をおたのしみに!!
HIROMI

カテゴリ : 
日々の出来事
2019/10/19 22:10

ハロウィンはここ数年、日本でとてもすごいブームですね!!!
日本のハロウィンはテレビで見る限り思い思いのコスチュームを着て楽しむイメージがありますが….
 
そもそもなぜコスチュームをきるのかご存知ですか??
 
その理由を簡単に説明させていただきます!!
ハロウィンは、むかーしむかーしヨーロッパの中•西部に住んでいた
古代ケルト人の宗教のお祭りが起源とされています。
この説が一般的に信じられていますが諸説はあると思いますが。。。
 
この古代ケルト人達は、11月1日が新年とされ、大晦日にあたる10月31日の
夜に祖先の霊が家族に会いに戻ってくると信じられていました。
 
しかし、悪霊も一緒にやって来て、作物に悪い影響を与えたり、子供をさらったり。現世の人間たちに悪いことをすると言われていました。そこで人々は悪霊を驚かせて追い払うことを思いつき、仮面をかぶったり、仮装をしたり、魔除けのたき火を行ったと言われています。
 
元は宗教の祭りだったのが今では祭りのようなイベントになっていますね!
 
★最近では宗教観はうすれて子供から大人まで楽しめるイベントとなっていますね★

今年のハースサイドでのハロウィンレッスンをお楽しみに!!

カテゴリ : 
日々の出来事
2019/10/18 18:03

2020年度から大学入試制度が
大幅に変更になることは皆さん
ご存じの方も多いかと思いますが、



大学入試センター試験が廃止になりますよねsad

また、その中でも英語に関しては変更点も多く、
「どうやって対策をしたらよいですか?」
という質問をたくさん頂戴しています。



上記のように、リスニングの割合が増え、記述式が
英語に限らず増えます。

さらに、外部の試験を最終学年で受けて、
志望大学へ提出すような仕組みになります。
英語の4技能「読む・書く・聞く・話す」能力が
試されこととなります。





そこで、当校では数年前よりこの変更に対応できるよう
授業内容を毎年進化させています。

例えば・・・・
高校1年生から2年生の夏までに
3年間分の文法を終わらせつつ、
単語やフレーズの語彙力を身に付け
リスニングや基礎長文を
読みこなせるレベルへ導きます。

2年生夏からはセンターの過去問や
ハイレベルな文法問題に取り組み
文法知識を確固たるレベルに
引き上げる訓練をします。

もちろん、応用長文の要約、リスニングの早聞き、
洋書の多読、整序問題や間違い探しなど
国公立大学に限らず、
帰国子女などの高度な英語力を持つ生徒を
必要とする私立大学も狙えるレベルへと誘います。

宿題の量はどの卒業生からも
多いといわれますが、
日々のコツコツが大きく花開くことは
間違いありませんyes

今年の4月からは、
中学2年生や3年生が
大学入試対策クラスへ入学して
早めにスタートを切っていますblush


卒業生の体験談などを踏まえ
志望校にあわせたカウンセリングや
体験レッスンを随時行っていますので、
ご興味のある方は、
ハース未来塾担当の船間(ふなま)まで
気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせは

093-243-3119

カテゴリ : 
日々の出来事
2019/10/9 20:49

Hello!

早いもので10月になりましたね!
暑いのもだいぶ落ち着いて、朝晩はすっかり過ごしやすくなりました。

さてさて10月といえばビッグイベントが待っています!




そうです!Halloweenです!


先週スクールの中をみんなでデコレーションしました!




今年もハロウィンレッスンを行います!
今着々と準備をしておりますので、楽しみにしていてくださいね♪

また、ハロウィンレッスンはご兄弟やお友達など、ハースサイドの生徒様以外もご参加できます。
(参加ご希望の方は、093-243-3719までお電話お願いいたします)

ハロウィンでは、お菓子をもらいに子供達が練り歩くことで有名ですが、合言葉をご存知ですか?


「Trick or Treat!!」

です!

合言葉をぜひ覚えてくださいね。

毎年話題になるみさこ先生の衣装、今年もどうぞご期待ください★






カテゴリ : 
日々の出来事
2019/9/30 20:00

みなさんこんにちは!! Hello!!
今日は日本語と英語の違いを諺を使って紹介したいと思います。
 
覆水盆に返らず
結構聞いたことのある人が多いのではないでしょうか??意味としてはこちらです。
「一度起きてしまったことは二度と元には戻らない」
 
これを英語で表現すると。。。
It's no use crying over spilt milk.
 
 
Milk!?
 
英語は水ではなくて牛乳(milk)で表現します。
直訳ですと It is no use (意味がない) crying over spilt milk(こぼしたミルクを嘆いても) という意味です。
この表現方法は英検などの文法問題でよく出てくる形でもあります。覚えておくと役に立つ表現のひとつです。
受験生はit is no use 〜ingで覚えてる人も多いのではないのでしょうか?
このように英語と日本語では表現の方法がとても異なります。違いを楽しむのも英語の学習を続ける秘訣です。言語の学習に終わりはありません。みなさんそれぞれの楽しみかたを見つけて楽しく続けてください!!

カテゴリ : 
日々の出来事
2019/9/27 18:10

Hello   こんにちは   アンニョンハセヨ

朝晩の冷え込みが日に日に増していく中、

日中はまだまだ気温が高い日が多く、

服装調整もむつかしい毎日ですが、

秋はそこまで・・・

そこで、今回のPart3は、季節・曜日ということで

皆様に紹介していきたいと思います。

Spring   ⇔   春    ⇔   ポム
Summer   ⇔   夏   ⇔   ヨルム
Autumn      ⇔      秋   ⇔   カウル
Winter     ⇔   冬   ⇔   キョウル
Monday                             ⇔   月曜日   ⇔   ウオリョイル
Tuesday       ⇔   火曜日   ⇔   フアヨイル
Wednesday      ⇔   水曜日   ⇔   スヨイル
Thursday        ⇔   木曜日   ⇔   モギョイル
Friday           ⇔   金曜日   ⇔   クミョイル
Saturday        ⇔   土曜日   ⇔   トヨイル
Sunday           ⇔   日曜日   ⇔   イリョイル


このように、時々英語や韓国語で言いかえてみるのも

楽しいですね。

最近、季節の変わりめで体調をこわされている方も

多いようです。

皆様くれぐれもお気をつけて

お過ごしください。

goodbye      さようなら  アンニョン  


HIROMI
 

カテゴリ : 
日々の出来事
2019/9/26 22:05

Hello !

さて、先週から日本でラグビーW杯が始まり、朝のニュースを見ててもラグビーの話題をよく耳にするようになりましたね。
日本ではサッカーや野球に比べるとそこまで人気が高い方ではなかったですが、前回のW杯での活躍から一気に注目されるようになりました。

ラグビーといえば、南半球のニュージーランドがとても有名なのはご存知でしょうか?
ナショナルチームはALL BLACK(オールブラックス)といい、真っ黒なユニフォームでひときわ目立っています。また「ハカ」というマオリ族伝統の踊りを試合前に行うことでも有名です。
そしてラグビーは国技になっているので、子供達は公園では野球でもサッカーでもなくラグビーをやっています。
そんなラグビー大国に1年ワーホリで滞在していたので、昔の写真をいくつか引っ張り出してご紹介しようと思います!
(ちなみにあまりラグビーは知らないです笑)

ニュージーランドは国土は日本と同じくらいなのですが、住んでいる人口が全く違うので一つ一つの公園がとても大きいです。
だいたいどこの公園もラグビーのフィールドが2面くらいはとれる広さがあり、ポールがいくつも立っています。
(少し分かりづらいですが何本もポールが立っているの分かりますか??)

 

休日になるとジュニアチームの練習をよくやっていました。

またニュージーランドはコーヒーの文化がとても根付いていて、いたるところにカフェがあります。
その中でも、Flat White(フラットホワイト)という飲み物が主流です。


一見カフェラテと同じように見えますが、微妙にエスプレッソとミルクの配分が違っていて、カフェラテよりビターな印象です。
私はとてもFlat Whiteが好きなんですが、日本ではあまり有名ではないので時々恋しくなります。
(オーストラリアも同じくフラットホワイトはよく飲まれているのですが、発祥はどちらなのかについては意見が分かれています。)

最後に、私が一番長く滞在していたニュージーランド最大の都市Auckland(オークランド)の風景を。


ニュージーランドは移民が多く、特にオークランドは留学生も多いため街中にいると英語以外の言語がたくさん聞こえてきます。
それでも大きな犯罪はあまりなく、比較的安全な国だと言われています。(今年のはじめにモスクが襲われた事件がありましたが、あれはとても珍しいです。)
南半球なので、日本が寒くなるにつれてニュージーランドは暖かい気候になります。
ぜひ一度行ってみてくださいね!


カテゴリ : 
日々の出来事
2019/9/21 23:40

今日は、1年ぶりにH君が大学受験クラス担当の
Yumiko先生に会いに来てくれましたlaugh

高校1年生の冬から当校の大学受験英語クラスに
入学した彼は、当時、英語の偏差値が39しかなく
このままでは大学入学が危ぶまれる状態でしたが、
ご本人の頑張りが目覚ましく、
また貪欲に学ぶ姿勢がいまだに記憶に新しいです。

入試初戦のセンター試験で、194点/200点中を
叩き出した。チラシにも掲載させてもらっているH君です。

今年は、在学中の山口大学工学部のなかでも英語力がトップということで、
夏休みに学校から30万円の補助をもらい、
1か月間イギリスへ研修に行ってきたとのことでしたwink

山口に帰る前に、お土産をもってきてくれて、
いろんなお話が出来ました。




イギリスでの研修の感想を聞くと
「Speaking , Listeningが弱く、英会話力というところで、まず日本語で考えてからしか英語が出てこなかった。」
「だけど、受験クラスで必死に覚えた専門用語は自分だけが聞き取れて、何のことかわかった。」
とのことでした。

さすがH君、Yumiko先生にしっかりアドバイスをもらってましたyes

1、場面状況に合わせた日常会話の練習の徹底。
 (受験クラス時代に使っていた、即戦ゼミで出てきたものを意識的に使う)



2、TEDトークや映画、音楽などを聴く。



3、洋書の多読(年間30冊)




アメリカの大学を6年間で2学部卒業しているYumiko先生からのアドバイスをしっかり聞いて、
あのころのように貪欲に
質問をするH君sad

彼が帰った後、先生と話したのは・・・
「卒業した後もこうやって近況報告をしてくれて、
さらに自分自身を高めようとしている姿に、
とてもうれしい気持ちで満たされたね。」
ということでした。


今から高校3年生は、次々と模試が待ち受け、あっという間に年末がきて、センター試験、2次試験と目白押しです。

最後まで食らいついて、先生にもドンドン質問をして欲しいです。enlightened

しっかり応援しますので、一緒に頑張りましょうheart


カテゴリ : 
日々の出来事
2019/9/7 20:39

Hello!

夏休みも終わりだんだん秋らしい季節になってきましたね。
秋といえば、なんでしょうか?
読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋…。色々ありますが、この秋から新しく勉強してみようと思う方もいらっしゃると思います。
当校も、夏や冬に比べると春と秋は自然と新入生が増えます。過ごしやすい季節になって、勉強するにはいい気候になるからでしょうか?

さてさて前置きが長くなりましたが、今回は「Phonics(フォニックス)」について!
今の中学校の英語のテキストでも中1の最初に取り上げられていますし、当校でもフォニックスクラスを設けていますが、フォニックスって何???と思っている方も多いと思いますので、
この機会にぜひ覚えてくださいね♫

フォニックスとは、簡潔に説明すると「アルファベットの音と文字のルール」のことです。
これでもまだ何だろう??という感じですよね。

アルファベットはそれぞれ、Aだったらエイ、Bだったらビーというアルファベットの読み方があります。
しかし実際の英語の発音に置き換えると、必ずしもAを全てエイと読んでいるわけではないですよね。

例えば、cat(猫)という単語ですが、
アルファベットの音に当てはめると、C(シー)A(エイ)T(ティー)と読むことができますが、私たちが知っているキャットという発音とは違います。
これはなぜかというと、Cはクッ、Aはア、Tはトゥッという音をそれぞれ持っているからです。このそれぞれの音がブレンドしてキャットという発音になります。
AからZまでのアルファベット全てがそれぞれの音を持ち、またそれぞれの文字の組み合わせによっても読み方のルールがあります。



このルールを知っておくとなぜ英語学習に役に立つかというと、暗記に頼らずに英単語を読むことができ、また書くこともできるようになるからです。
英単語の約70%はフォニックスのルールを使って読むことができると言われています。
ということは、大人の私たちがこれまで学生時代に必死になって覚えた英単語たちの半分以上は、フォニックスを使えば単語の綴りもわかるし発音もわかる事に繋がります。
(ただもちろん英単語を覚えることはとても大事です。)

小さい時からフォニックスを身につけると、英単語の理解はかなり早くなりますし、単語が読めれば文章も読めるようになります。
フォニックスは読み書きに大いに役立つだけでなく、聞いて書ける、読んで話せるというところにもつながるので、
結果的に読む・書く・聞く・話すの4技能を一緒に効率良く伸ばすことができます!

当校の人気コース「スーパーキッズコース」でも早い段階でのフォニックス習得は必須になっています!
また通常のキッズコースもフォニックスコースは幼稚園生と小学生のクラスがございます。

現在秋のレッスン追加キャンペーンを行なっておりますので、ぜひこの機会にご興味のある方はスタッフまでお声がけください♫
実際のクラスに入って体験も可能です☆

ではまた!
Have a good day!