「World Children's Day」
カテゴリ : 
日々の出来事
2021/11/20 11:20



11月20日『世界こどもの日』は、1954年(昭和29年)国連総会で
制定された国際デーの一つです。


英語表記はもともと「Universal Children's Day」でしたが、
現在では「World Children's Day」と言います。


1959年に「子供の権利に関する宣言」
1989年に「子供の権利に関する条約」が採択されました。

目的は、子供の世界的な相互理解や
子供の福祉を増進することです。

この条約の中に「教育を受ける権利」
という項目があるのですが、
最近皆さんもよく耳にする
SDGsの持続可能な開発目標の
4つ目に同じような目標があります。
『質の高い教育をみんなに』という目標。

(参考:
https://gooddo.jp/magazine/

これは、すべての人が公平に質の高い教育を
受けられる世の中を目指すということです。

ちなみに国連では、各国政府の適当考える日を
選んで「こどもの日」とするよう勧告しています。
日本では、古来から「端午の節句」の5月5日を
「こどもの日」としています。



コロナウィルス感染が世界中に広がり
今なお、貧困や飢餓、紛争中の国もある中
日本では・・・、私たちの周りでは・・・、
どのような環境でしょうか?


「World Children's Day」をきっかけに・・・

日々の生活や周りの人たちに感謝し、
自分たちにできる小さなことから
みんなが「何かできることはないかな?」と

考えることから始めてもいいかもしれませんね

ハースサイドでも言語学習を通して、
世界の人たちと手と手を取り合っていける
人材教育ができればと思っています。
これからも一緒に頑張っていきましょうね