地球温暖化
カテゴリ : 
日々の出来事
2020/2/12 20:17

Hello!


今年は暖冬と言われて雪もほとんど降っていませんが、ここ最近の気温差や雨でグッと冬らしい寒さを

感じるようになりましたね(暦上はもう立春で春なんですけどね)。

さて、今日はちょっと真面目なお話をしたいなと思います。

年々台風が多かったり、雪が降らなかったり、夏が暑かったり、色々な災害なども起こる原因は

「地球温暖化」ではないでしょうか。


昨年からのこんなニュースを覚えていますか?



豪森林火災、変電所焼失で輪番停電の可能性 シドニー郊外に迫る火の手

https://www.afpbb.com/articles/-/3262119)

【1月5日 AFP】森林火災が猛威を振るうオーストラリア南東部で4日、空が黒く染まり、灰が降り注いだ。
主要都市への電力供給の断絶が懸念され、森林火災に対応するため、予備兵3000人が動員されている。


森林火災が起きているニューサウスウェールズ(New South Wales)州とビクトリア(Victoria)州の沿岸部は、高温と強風に見舞われている。
ニューサウスウェールズ州のグラディス・ベレジクリアン(Gladys Berejiklian)首相は、大規模な避難によって人的被害は最小限に抑えられるものの、
最悪のシナリオが「実現しつつある」と警鐘を鳴らした。

森林火災で変電所2か所と送電線が焼失したことを受けて、人口約800万人を抱え、同国最大都市シドニーがあるニューサウスウェールズ州の当局は、輪番停電を実施する可能性があると警告した。
南東部の人口密集地の大部分で非常事態が宣言され、3州で10万人超に避難勧告が出された。
4日には複数の緊急警報が発令され、シドニー南東の森林火災1件が同市郊外に到達する恐れが出てきた。
オーストラリア気象局(Bureau of Meteorology)の報道官によると、シドニー西郊ペンリス(Penrith)で観測史上最高となる48.9度を記録。首都キャンベラも、観測史上最高の44度を記録した。
昨年9月末から続いている森林火災では、これまでに23人が死亡したほか、ベルギーまたは米ハワイ州の約2倍に相当する面積が焼失し、家屋1500棟が被災した。(c)AFP/Holly ROBERTSON / with Andrew Beatty and Glenda Kwek in Sydney




コアラやカンガルーなどの動物たちに大変な被害が出ているとして大きなニュースになりましたよね。


では、つい昨日のニュースではどうなっているでしょうか?

 

豪シドニー、30年ぶりの豪雨で洪水 森林火災は鎮火



(CNN) 大規模な森林火災が続いていたオーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州が豪雨に見舞われ、一部地域で住民が避難、50校以上の学校が休校となった。ただ、この雨のおかげで長期間燃え続けていた火災も鎮火した。
オーストラリア気象庁によると、同州では24時間で200ミリを超す雨量を観測。
州都シドニーの雨量は4日間で391.6ミリに達し、1990年以来の大雨となった。

大規模な洪水も発生したため州教育省は10日、学校数十校の一時的な閉鎖を指示した。気象庁も同日、大雨や強風、さらなる洪水に対して警戒を呼びかけた。

一方、同州消防局は10日、今回の豪雨について、7日以来で30件以上の火災を消し止める助けになったとツイートした。
中には数週間から数カ月にわたって燃え続けてきた火災もあるといい、「しばらくぶりの朗報」と形容している。

同州カロワン地区で続いていた火災も、豪雨のおかげで8日に消し止められた。この火災は74日以上にわたって燃え続け、49万9621ヘクタールが焼失した。
消防によると、州内で延焼が食い止められていなかった残る5件の火災も、降り続く雨によって消火できる見通し。



火災が続き、連日40度以上を超える日が一変、1日でとてつもない量の雨が降り、今度は豪雨災害が起こってしまっています。
火災が鎮火することはいいことですが、安全な暮らしには程遠いですね。

私たちが暮らす北半球は冬ですが、オーストラリアやニュージーランドなど南半球は今夏の季節です。
ここ数年で地球温暖化は私たちの暮らしにダイレクトに被害が出てきていると感じます。

小さなことですが、冷暖房の温度設定やリサイクルなど地球のためにできることはたくさんあるので、一人一人が
気をつけていかないといけませんね。