本文をご覧になるにはタイトルをクリックして下さい
カテゴリ : 
一般校より
2017/5/27 21:20

今日は、最近スタートしたばかりの
中国語会話コース(初級)のご案内です。

土曜日:14時~14時50分

趣味で中国語を学んでみたい方や
中国のドラマにはまっている方必見です!





中国語は、日本人にとって相性バッチリ!
なぜなら、漢字である程度雰囲気がわかる。
また、書いて覚えやすい。

「でも、中国語って発音が難しい」と
いう声が聞こえてきそうですが・・・
確かに、難しいです。surprise
レッスンスタートから最初の2ヶ月間は
中国語独特の4つの「声調」を学びます。
舌の使い方や口の動かし方が
日本語にはないものばかりsad
中には、頬が筋肉痛になる方も!?cool

しか~し、この基礎が後々中国語を
聞いて・話して・使いこなす為に
非常に大事ですyes

当校の杜(ト)先生は生徒様からの
評判も良く、とても優しく
わかりやすく教えています。



小学生のお子様でも大丈夫ですenlightened

ご興味のある方は、ぜひ一度
体験レッスンへお越しください。

詳しくは ☟ ☟ ☟

            みんなでトーク  
093-243-3719まで
お問い合わせください

カテゴリ : 
一般校より
2017/5/25 3:15

Its starting to heat up these days and the consensus is that it will continue to get hotter. I dont mind the heat but hopefully it remains bearable. 
 

 

How do you deal with the heat? I have a few strategies some I am certain you are familiar with and others you might might find helpful.

 

Beyond having cold beverages and an air conditioner there are some other heat hacks that can use to feel cool. 

 

First, lets have chilled food and fruits, and of course chilled or iced drinks. Its important to stay hydrated. Beyond TASTE, i.e. eating and drinking what other senses can influence the way we feel?

 

One thing that is popular are wind chimes. They have the power to subconsciously remind us of a cool breeze through our sense of SOUND.
 

 

 

I will finish up this post with a suggestion about clothing and fabric types which can help us FEEL cooler. As I am sure most of you wear Uniqlos Airism or Dry clothing. Have any of you tried linen? Uniqlo has a nice line-up of linen clothing as well. 

 

Be careful to avoid heat stroke but enjoy the little things in life and the small details to beat the heat, but watch out for the rain as well!

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/5/22 14:40

Hello everyone!

月曜日ブログ担当のAtsukoです!
まだ5月なのに、連日真夏のような暑さですね。日本がこんなに暑いからなのか、南半球にあるニュージーランドの南島では気温が0℃を下回ったり雪が降ったりしているようです。ニュージーランドは冬になったばかりで、北島はそれでも10℃前後はあるような気候なはずなのですが、去年が暖冬だったこともあってか今年は寒くなるのが早いようです

今回はそんなニュージーランドについてご紹介します!
日本と似ている国で、周りを海で囲まれた島国ですし日本のように四季もあります。
国の広さは日本の3/4ほどですが人口は約470万人とかなり少ないです。しかしここ数年で移民が増えているのでこれからも増加していくでしょう。
首都はウェリントンという街ですが、経済の中心地はオークランドです。





アメリカに匹敵するほどの多民族都市で、街中を歩けば中国系、東南アジア系、インド系やアラブ系、南米系など、ありとあらゆる国籍の人に会える国際色豊かな都市です。

ニュージーランドといえば有名な羊は、さすがに都市にはいませんが郊外へ足を伸ばすとすぐ見られます。これはオークランドにあるコーンウォールパークにいる羊たちです




東京や大阪のような大都市ではありませんが笑、上の写真のようなビル郡があるかと思えば、ありとあらゆるアクティビティが楽しめる広大な自然があります。




語学学校も多いですし、留学生やワーキングホリデーを利用して滞在している若い人が多く活気があります。
またこれからの冬の季節はスキーを楽しんだり、逆に夏はサーフィンやゴルフを楽しむためにニュージーランドを訪れる観光客も多いです!

少し日本からは遠いですが、従来の成田発だけでなく、去年から関西空港からもニュージーランド便が就航して行きやすくなりました。
また福岡市は、オークランドと姉妹都市になりこれから両都市間での交流も盛んになりそうです。
興味のある方はぜひ調べてみてくださいね!

では今日はこの辺で..
Have a good day!

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/5/20 17:10

今週は、中学3年生の夏から韓国語を学んでいた、
Sちゃんの最後のレッスンでした
crying
Sちゃんが韓国語を学び始めて約4年、
来月ついに韓国へ旅立ちます。



最初にSちゃんがハースサイドに来た日のことを
今でもよく覚えています。

一緒にお越しいただいたお父様に、
「受験生なのに本当に英語でなくて良いのですか?」

と何度も確認してしまいました。sad

お父様は、一言・・・enlightened
「やりたくないことをやらせるよりも、
Sちゃんがホントにやりたい韓国語を学ばせたい」と
はっきりおっしゃったのを鮮明に覚えています。

あれから4年、「好きこそものの上手なれ」
とはよく言いますが、
これからの時代は、人と違う意見や行動を恐れず
実行するチカラも必要なのかもしれません。blush

来週は、韓国で住むところをお父様と一緒に
決めてくるとのことでした。
働きながら親元を離れて暮らすのは、
人生初の大きなチャレンジです。
きっと親御さんにとっても・・・。

是非、4年間学んだ韓国語を使って、
韓国の文化や習慣
何よりも韓国の人々との交友を深めて、
Sちゃんの人生の良き糧となりますようにsmiley
クワンヒョン先生、スタッフ一同
応援しています。yesheart







1年間のワーキングホリデーを
楽しんできてくださいlaugh

アニョヒカセヨwink


 

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/5/19 10:10

             
               


        英語を話したり、読んだりする時、日本語が介在することなく、英語を英語で考え
       られる、理解できるように脳が働くことを「英語脳」といいます。
      「英語脳」を手に入れることが出来たならば、日本語と同様に英語を操ることができる
       言われていますよyes

       今回は、この「英語脳」を手に入れる3ステップをご紹介しますね。
       まずは、言語の基本である音をしっかりと理解する。最初に正しい発音を
       身に付けることが、英語が聞き取れ、リスニング力を高めながら語彙力を
       増やすことができます。同時にサイレント文法といいますが、既に音と
       同時に文法が身に付くようになります。

       当校が、まずは、音からとご提案しているのは、これらの重要性が
       あるからですenlightened

       そして、やはり多読ですね。多読の重要性は、過日お伝えしましたが、
       「とにかくたくさん読む」ことです。多読により英語脳をつくり、英語の
        総合力も一気に底上げできますyes
        日本語の力をつけたければ読書をしなさい、とよく言われますが、まさに
        同じです。

        英語初心者や、慣れない人は、いきなり沢山の英語を読むことは容易なことでは
        ありませんが、必ずスピードや精度があがりますので、チャレンジしてください。

        2000時間が英語脳に必要な目安と言われています。
        英語脳を作るのに必要なのは、継続することです。現在は、オンラインで
        様々な本が手にはいります。まずは、興味あるカテゴリーから始めてみませんかlaugh                

        
               

     

カテゴリ : 
一般校より
2017/5/18 3:29

How was your week in reading? Were you able to manage ambiguity and fight the urge to look up each new word you read? I hope so,  Uninterrupted reading  is our goal.


 
 

How can we read without looking up each word in a dictionary? The trick is to read a book that is at your level. There should be no more than 5 new words per page. Instead of using a dictionary to get the meaning of a word or phrase, lets depend on the context to develop our sensitivity in reading.

 

A big part of extensive reading is reading for pleasure, not reading for information. So lets enjoy reading and not make it a chore.

 

For those of you who struggle with reading for pleasure, I have a few words of advice. The first is to read a book you like, the next is even if you are not motivated by the reading content, then enjoy the sense of accomplishment you get after finishing a book!

 

This could be the beginning of a good habit!

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/5/16 9:20

Hello everyone!

スタッフの田原です!


今日は私が行っていたワーキングホリデー(ワーホリ)について触れてみようと思います。


そもそもワーホリは、30歳以下の若者を対象にカナダやオーストラリア、ニュージーランドなどの英語圏や、フランスや韓国などに1年間滞在できる制度です。(ワーホリで滞在できる国とできない国があるので、気になる方は調べてみてくださいね。)

留学(学生ビザ)と違う点は、ひとつの国につきビザの期間は最長1年(オーストラリアは2年)という点、フルタイムで働ける点、学校に行ける期間が決められている点です。

留学は学校への授業料や自分の生活費などを行く前には用意しておかなければいけないのですが、ワーホリはそれらの資金を現地で働いて調達できるので、初期費用が抑えられて海外へ行きやすいのでとても人気です。

私がワーホリ制度を利用したのは、一度海外に滞在してみたかったのと、日常生活に困らない程度で英語の会話力を身につけたかったからです。日本ですと、やはり学校の授業は文法やリーディングがメインで、スピーキングが苦手という人は多いですよね。私もまさにそうで、英語は好きだったんですが、会話になると自信が持てませんでした。

現地で実際に学校に行ったり働いてみて感じたことは、日本にいる間に英語を勉強していてよかったことです。
英語が少しでもわかっているか、全くわからないかだと語学学校で入れるレベルが変わってきたり、仕事も見つかりやすかったりとメリットが多いです!
学校入学時に真ん中よりも上のクラスに入ることができれば卒業時にはもっと上のクラスのレベルで卒業できますし、ビジネス英語や海外での英語の試験(TOEFLやIELTS )対策の勉強といったより発展的な英語を学ぶことも可能です。

もしワーホリを考えている方がいらっしゃいましたら、渡航前に勉強しておくことをオススメします!



当校では子供さんだけでなく大人の方向けの英会話もございます。
初心者コースから、上級者コースやビジネス英語にも対応しておりますので気になった方は是非お問い合わせくださいね♩

カテゴリ : 
よくあるご質問
2017/5/13 17:50

2017年第1回英検テストまで

残すところ3週間となりました。

ご存知の方は多いと思いますが、

今年から3級以上はライティング(英作文)

導入されますsmiley

英検協会のCan Doリストを見ると

たとえば3級では・・・

「自分のことについて簡単な文章が書ける」

となっています。具体的には、

・簡単な自己紹介の文章が書ける
・自分の趣味について書くことができる
・物事の好き、嫌いとその理由を書ける
・短い日記を書くことができる
・簡単なカードやハガキが書ける
・短い伝言を書くことができる

しかし

今まで日記を書く習慣のない人にとっては

難しいと思われるかもしれません。sad

そこで、はじめての人でも簡単に楽しく

始められる日記をご紹介します。wink






毎日1つの質問に、たった3行答えるだけなので、

最初から頑張りすぎず、コツコツ

続けられる構成になっています。

英検を受ける受けないにかかわらず

コミュニケーションで必要な内容を

アウトプットする力が付きますので、

是非、試してみてはいかがでしょうかyes

See youheart

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/5/11 17:30



2017年度第1回の英検が近づいてきました。
当校の生徒さんも沢山英検にチャレンジしますyes


英検と言うと中学生からのイメージがありますが、当校では、幼稚園生からチャレンジしていますyes

当校は、小学校卒業までに、3級~準2級合格を目安に指導をしておりますが、

特に、単なる資格ホルダーにならないこと、つまり英語の4技能をバランスよく伸ばすことと
コミュニケーション能力(自己表現力)を培うことに力をいれてますyes

今回、ご紹介するオックスフォードのリーディングツリーシリーズは、イギリスの小学校で教科書として

使われている教材です。当校は、レッスンの中でもこのシリーズを4年前から活用しています。

この本を読みこんでいくことで、小学校低学年で準2級に合格したり、スピーチコンテストで

優勝したりと、素晴らしい結果がでていますyes



英語を日本語に訳さなくても読めるようになる「多読」は、子供に限らず大人にもおすすめですが、


リーディングツリーは、英語のセンテンスも長からず、短からず、絵と文章がとてもリンクしているので、

いわゆるインプットが多読により大量に出来ている結果ですねyes

英検は、試験本とにらめっこするのではなく、本当の英語力を培うプログレスのひとつとして

考えていくことが、特に大事です。

英検に関するお悩み等々、たくさん受け付けておりますが、カウンセリングのもと

ご指導させていただきますので、スタッフにお気軽にお声かけください。







カテゴリ : 
一般校より
2017/5/11 1:50

Rome, seen in one day !

 

Hi,  everyone!

What did you do over your golden week? Did you have a good time? As you can see from the picture above I went to Rome,  … just kidding! I would have enjoyed a week of studying Italian in Rome, but to avoid too many people and too much traffic I chose to stay at home and catch up on my studies, delicious local food, and SLEEP!

 

For those curious about what I was studying, I decided to do some passive study and catch up on reading, specifically novels. I am currently reading some novels written by Murakami Haruki. 

 

Besides the benefit of relaxing with a good book, extensive reading or reading for pleasure is a great way to increase your conversational ability. You may be curious as to how reading for pleasure can help your conversational ability, Well, feel free to ask me when you see me (Josh) at Hearthside.