本文をご覧になるにはタイトルをクリックして下さい
カテゴリ : 
日々の出来事
2017/8/26 21:35

      Hello again!

     第1部に続き11:45分より  中間イオン店での
  第2部レッスンの様子をご紹介しますね。


  第2部は、参加型のレッスンをさせて頂きました♪
  
ご来場の皆さま方にお声かけさせていただくも、恥ずかしいので、と
  お断りされる中、2組のご家族が参加してくださいました!!Thank you so much.
      どちらも赤ちゃんと3歳のご家族です。

  内容は、第一部と同じ予定でしたが、
  急遽マーク先生がBabyバージョンに変更しながら
  レッスンスタートしました。

  
  1,2,3,4,5 Monkeys!
  前に立って大きな声で発表出来ましたねyes Excellent!


  
        マーク先生が 「Zoo」を読み聞かせると
    登場する動物に興味深々ですねdevil


   最初は、恥ずかしがり屋の2人から、
   もう一回聞きた~いとのアンコールをいただきました。Thanks a lotheart

        

         最後に、ご多忙の中、ご参加くださいましたご家族の皆さまと
   ステージに足をお止めいただき、温かいご声援をくださいました
   皆さまに心より御礼申し上げます。      

    

          
   
  

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/8/26 20:30

 本日、イオン中間店テレビの広場にて当校のイベントレッスンがありました。

 一部は、11時~   アンディ先生、マーク先生、マーティン先生、セレネ先生、
    美佐子先生と当校の生徒様6名でのデモレッスンでした。
   
    レッスンは、単数形、複数形の違いを学習する内容で、
    「How many~?」の歌やアクテビティを取り入れ
     あっと言う間の30分でした。
    生徒さんたちは、緊張することもなく、大きな声で英語を話す様子に
    ご観覧いただいた皆様より、拍手とお声かけを頂きました。Thank you so much!
    

        

        
 
        

        
                              「How many trtees?」

                           

        カーテンは、3秒しか開かないので、
                            急いで!急いで!
        

        

        

        

        最後は、Five little monkeys を合唱して第一部のイベントが終了いたしました。

        また、本日のイベントにご参加いただきました、当校の生徒様及び保護者の皆さまに
        多大なご協力を賜りましたことにスタッフ一同心よりお礼申し上げます。
        
      

カテゴリ : 
イベント
2017/8/7 17:13

Hello, everyone!
Typhoon is gone and strong sunshine has again come back.
How are you doing?


ナッセ北九州8月号で告知させていただいていた『英語で折り紙&読み聞かせ
イベントレッスン』の1回目を8月5日にハースサイドインターナショナルの
教室で開催しました。

まずはハースサイドの教師が動物をモチーフにした絵本を使って読み聞かせ。
最初は恥ずかしがっていたお子様達も徐々に慣れてきて、教師の問いかけにも
元気いっぱい答えてくれるようになりました。




読み聞かせの後は英語での折り紙教室。お母様にもお手伝いいただき、
上手に折っていただきました。何を折るのかを知らせないまま折り進み、
最後にパンダの顔が出来上がった時には皆様より歓声があがりました。





イベントレッスンの最後には、参加していただいたお礼として
スタッフが作った折り紙をプレゼント。皆様に喜んでいただき
ました。




イベントレッスンはこの後も3回、8月8日、19日、22日に予定
されています。お申し込みをお待ちしております。



カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/31 14:03

Hello, everyone!
How are you doing?

 
サマーキャンプに行ってきました!
 
7月28日・29日の2日間、佐賀と長崎での英語とアクティビティー
いっぱいのキャンプでした。








 
世千原少年自然の家での充実した英語研修に加えて、お子様たちは
佐賀の宇宙科学館で地球と宇宙の不思議を体験。また九十九島リゾート
では海賊船でのクルーズを楽しんだ後、水族館海きららで海の不思議を
学びました。
 









キャンプで習得したオクトパスの英語の歌を解散式で披露。「今日海賊船
に乗ってとても楽しかった」という文章も英語で言えるようになりました。
 
2日間の短いキャンプ旅行でしたが、みなさん本当に楽しそうに過ごされ、
英語にじっくり触れる貴重な体験となりました。
 
このイベントにご協力してくださった保護者の皆様に、感謝いたします。
 
 

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/25 19:40

この度、ハース未来塾 塾長に就任致しました、森上 晋平(もりがみ しんぺい)と申します。
日々暑さがましておりますが、皆様、体調はいかがお過ごしでしょうか?

本校では28日・29日に英語のサマーキャンプを行います。
参加される方の素敵な思い出となるように、スタッフ一同わくわくしながら準備を行っております。

皆様にとっても今年の夏休みが有意義なものとなりますように!

また、本校に興味をもって下さった方はお気軽に本校にお立ち寄り下さい。

カテゴリ : 
お知らせ
2017/7/24 18:30

Hello, everyone.
How are you doing these days under burning sunshine?


お子様は夏休みに入られて夏期講習やクラブ活動、キャンプや各種
イベントなどで忙しくされていることと思います。保護者の皆様も
「何に参加させようか?」、「どこに連れて行こうか?」と頭を痛
めていらっしゃるのではないでしょうか。

ハースサイドインターナショナルスクールでは8月にイベントレッ
スンを開催します。

「英語は小さい頃から慣れることが最適」とされることから『英語
で折り紙』と『読み聞かせ』を企画。

対象は幼児から小学生、日時は8月5日・19日(土)15時~、8月8日・
22日(火)18時~、場所はハースサイドインターナショナルスクール
の教室を予定しています。

『折り紙』については、夏休みならではの『ヘラクレスオオカブト』
と、上野動物園で赤ちゃんが生まれて今話題の『パンダ』を折って
いただく予定です。

お子様の夏休みの思い出に、また自由研究の参考にご活用されては
いかがでしょうか。

このイベントについては一部フリーペーパーでも近々告知されます。

皆様のご参加をお待ちしています。








カテゴリ : 
一般校より
2017/7/21 19:51

First of all, Congratulations to all of you who went on to the Interview portion of the Eiken test. You all passed!


In this post I will talk about two things of my thoughts about studying. The first, our MENTAL approach. The second, a PRACTICAL approach.
 

Now many of you are focused on preparing for the Eiken Pre-2 test. I am sure you have already been greeted by the amount of new words that you are expected to learn. Most likely you are asking yourself how in the world will I be able MEMORIZE so many words. 



 


My advice is DON'T.

 

Memorization is an ineffective method and a source of unneeded stress which will further hamper your studies.

 

         

          Please take your time and do it right!  "Practice what you want to become good at."


 

If you want to develop a strong memory then memorizing is good for you and there are very effective ways to do that. It is my guess though that you want to be able to use the new words that you HAVE TO REMEMBER. 

 
 

      But first let's change our MENTAL approach. Let's change the way we think about it.

 

          X  NOT, "I have to REMEMBER."
       ✓ BUT, "I have to be able to USE."
 

 


So it is my suggestion that you USE the new words, REPETITIOUSLY. The side effect of USING new words as many times as possible is that you effortlessly REMEMBER!


Okay so now that we are on the same page. You understand that you have to get good at USING the new vocabulary. So, how do I do that you ask.

Let me start off with some PRACTICAL advice.
 

         

          "What can be MEASURED can be MANAGED."



If you decide WHAT you want to learn, you can also decide HOW, and HOW MANY times, WHEN and a variety of other VARIABLES.

But first, let us focus on three variables our TARGET, TIME and REPETITION.

 

We want to limit our TARGETS and TIME while increasing REPETITION. How do I do that you may be asking. There are also effective ways to do this.


Through clarity of knowing WHAT we want to learn and HOW will we learn it, we will be able to see our improvements and make adjustments to get the results we are looking for.
 

We need to know WHAT words, "we have to be able to USE", so I recommend starting with WORD LISTS, For each level of Eiken there are WORD LISTS already prepared that you can start with.



Here is the TRICKY PART.


WORDS by themselves mean very little. We need to find examples of how these WORDS are USED. So in the Eiken test prep books you should find the words in the PASSAGES.


Otherwise you should start with the PASSAGE first and then hilight or underline the words you don't feel confident with. Create a WORD LIST in a separate notebook that you can add additional words to. 

I recommend no more than 5 words at first becuase it's easier to create a new habit when what you are doing is not so difficult. This takes some practice but you will make it a habit if you stick to it.


 

 *WARNING*

 

          Don't try to study more than you can handle in a 15 minute study session.
          If it is too much you will return to your old habit of memorization.

 

 


Good Luck!


-Josh

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/15 11:20

Hello!
Atsukoです( ^ω^ )

鋭意製作中だったサマーキャンプのしおりがついに完成しましたっっ!!!お待たせして申し訳ありませんでした!



カラフルな背表紙がポイントです!笑
どれがもらえるかはお楽しみです(*´∀`*)
中にはレッスンで使う英語のフレーズも書いているのでキャンプまでに目を通しておいてくださいね♩

また一緒に2日目のハンバーガーに関するアンケートもお渡ししますので、必ず記入してくださいね!
スタッフ一同、みなさんの思い出に残るキャンプにしようと張り切っておりますのでどうぞよろしくお願いします♩

では今日はこの辺で....
Have a good weekend!

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/13 16:51



Everyone who studies a foreign language hopes to one day use it to communicate with native speakers in their language or in  a professional environment. The examples mentioned above are to examples of "Communicative Proficiency"

 

To reach these goals there are two major steps, the first one is to GET the language through LEARNING, the second is to USE what you learned through PRACTICE or SPEAKING with native speakers.

 

In other words, you have to STUDY but most students get stuck there. Don't do that, challenge yourself everyday to PRACTICE and PERFECT what you have GOT!

 

I believe that each situation has one major LEARNING focus. 

 

In the first goal of communicating with native speakers beyond the basics (textbook language) you need to know KNOW and be able to USE natural language (not textbook language) and many idioms to smoothly communicate with native speakers.

 

At this learning stage the focus should be MORE on doing and LESS on studying.

 

 



In the second example, communicating in a professional environment, we have to use our SKILLS, KNOWLEDGE and HABITS from the past. In addition,we also have to GET and be able to USE loads of new vocabulary. In my opinion, it is best to understand the professional vocabulary of finance, law, and health. 

 

At this time it is OK to do conventional studying but dont forget to DO more that you study. To do this, I suggest reading the newspaper, its a free text book for those interested about whats happening in society.

 

Next week I will talk about how to make and use word lists effectively!

 

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/10 13:20

       

      前回のブログで七夕について書かれていて、久々に夜空を眺めてみましたcool
      子どもの頃は、笹の葉に願いを書く事が一大イベントでしたねyes
      それから、おり姫とひこ星の話は、ハッピーストーリと思っていましたが、
      いつの頃か悲恋物語と知りショックを受けたものですcrying

      今回は、欧米にはない七夕物語を英語で読んでみましょう!
     "The Tanabata Story"
      
     July 7th is TANABATA. The most well-known story is as follows. 

    A long time ago, TEN-KOU, the god of the sky, had a daughter called ORIHIME.
    Everyday she wove cloth for the Gods with a special machine called TANAHATA.
    It is believed that the word TANABATA comes from the name of this
              weaving machine,
              TANAHATA.TEN-KOU was worried because his daughter worked every day
              and did nothing but weave.
    So he introduced her to a guy on the other side of the river named
               AMANOGAWA      (to us it's the Milky Way).
    His name was HIKOBOSHI or KENGYU. KENGYU took care of cows
              and was a workaholic.
    ( KENGYU means cow care-taker, and HIKOBOSHI is his actual name.)
    When they met each other, they fell in love immediately,
               and spent all their time together.
               As a result,all the cows became sick and the gods' clothes became worn out,
               but there was no new cloth to make more.
    This made the two lovers so sad that they couldn't work.
               TEN-KOU also felt sorry,
    so he decided to let them meet each other once a year on July 7th
              if they worked hard.
    Now, they work as hard as before and look forward to seeing each other
              only once a year.
 
    Traditionally, people wished the sky would be clear on that day
              so the two could meet over the Milky Way.
    If it rained that day, the water level of the river AMANOGAWA got too high
               and could not be crossed.
    People wished this by writing the wish on a piece of paper and
              hanging the paper  on a bamboo tree.
              Nowadays,people write their own wish on the paper.
    This is the most well-known story of TANABATA,
               even though there are many others..
    It seems this story originally came from China.In the Chinese Calendar,
    there is almost always a half moon on July 7th and they believe ORIHIME
               and KENGYU use that half moonas a boat to meet each other
              over the great river in the sky, AMANOGAWA.