• カテゴリ 日々の出来事 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
本文をご覧になるにはタイトルをクリックして下さい
カテゴリ : 
日々の出来事
2017/10/5 21:03

Hello everyone!
How are you doing in Autumn season?
It is getting comfortable, isn’t it?
 
『ハースCLUB』としてのイベントがスタートしました。
 
今回のイベントは『大人の社会科見学』。
本日10月5日、中間市、そして日本が誇るロボット工場、安川電機
第3工場を見学に行きました。
 

 
  
工場見学の前にスタッフの方からのご説明がありました。
ロボットが作られる行程から、いかにそのロボットが精巧に作られて
いるか、ロボットが居合斬りをする動画も交えて詳しく説明してくだ
さいました。
 
 
 
  
今回参加された皆さんは英語を勉強されている方ばかりなので、
英語のパンフレットも用意していただきました。
 
 
 
 
 
ご説明も終わって、いよいよ工場見学。
ロボットがどのようにして作られているのか。
 
それをここで写真付きでご紹介したかったのですが、実は写真は
『禁止』
それはそうですよね、先端技術を誇る工場なので、工場内外での
撮影は止められました。
 
イヤホン付きの特別な無線を全員受け取り、工場内を案内して
いただきました。様々な作業工程の中で出来上がって行く
ロボットが並べられた様子はSF映画さながらでした。
 
見学の最後に唯一写真撮影がOKなスポットに案内していただき
記念撮影。ロボットの見本も置いてありました。
 
 
 
   
本日参加された皆さんは貴重な経験ができたと、大満足のご様子でした。
 
 
 
  
ハースサイドではハースCLUBのアクティビティとして、これからも
楽しく魅力的なイベントを企画・実施して行きます。
次回は皆さまもぜひご参加ください。
 
 

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/9/21 15:10

本日は模試の活用法についてお話をさせて頂きます。
模試は受験勉強のペースメーカーとして
活用したいツールの一つで
す。
また一概に模試と言っても様々な模試があり、

同じタイプの模試でも実施する予備校や
出版社ごとに母集団の質や
問題の質などに
独自の傾向や特徴があります。


例えば、学校で強制的に受けさせられることが多い
『S模試
などは母集団は非常に大きいが、
レベルの高い受験生の参加が少ないと
言う特徴がある。

その割には合否判定が厳し目にでる特徴があります。

予備校系の模試にも独自の特徴があります。
こうした模試ごとの特徴も『模試計画
立てる上では非常に重要になってきます。wink


そこで模試選択のヒントや模試活用の
ノウハウについてお伝えでき
ればと思います。

同じ会社の模試を受け続けるデメリット
客観的なデータを取る為にはできるだけ
いろいろな各社の模試を受
け、
総合的な見地からデータを分析することが必要です。

同じ会社の模試ばかり受けていくと
その会社独特のくせがついてし
まい、
タイプの違う問題への対応能力が落ちます。

例えばS模試ではいい成績がとれたのに
予備校系の模試では実力
を発揮できない人がいます。
複数の模試を受けることによって
このような弊害をなくすことがで
きます。

同じ会社の模試を受けるメリット
同じ会社の模試を受け続けるメリットもあります。
受験勉強の進み具合や実力の伸びを
客観的に知る目的では母集団や
問題の質、
難易度が一定している方がむしろ都合がいからです。

例えば『全統記述模試
年間3回ほど時期をずらして実施されています。

これを学校の定期テストと同じ感覚で受けてみると、
自分の勉強の状態をかなり正確に
把握することができます。



模試は受ける事以上に復習することに意義がある
模試は力試しの場であるだけではなく、
良質の問題を解き、
その解答を覚え込む
大きな機会でもあります。

模試を受けたその日に、復習をすることによって、
暗記の定着効果が高まることになります。
受けたその日に模試の出来不出来に
左右されるのではなく、

復習をして問題と解説を暗記することが大事です。
模試をうけた当日に復習をして、
やりきってしまいましょう!smiley



 

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/9/20 21:10

東大が劣化しているとの議論がかまびすしい。
東京大学が世界大学ランキングで
過去最低の46位となったことが
ニュースになりました。



ではその大学ランキングはどのようにして
付けられているのでしょ
うか?

●順位はどのようにつけているのか
体系化された評価基準が存在します。
5つのポイントから点数がつけられます。
5つは、
Teaching(指導)、Research(研究)、
Citations(引用)、International outlook(国際的観点)、
Industry income(産業界からの収入)で、
順に30%、30%、
30%、7.5%、2.5%
という傾斜で配点され、
100点満点でスコアが出ます。

●この「世界大学ランキング」は妥当か
客観的な数字からはじき出しているので
妥当性は高いと思います。

実際にPwC(プライスウォーターハウスクーパース)
という監査法人を入れて数字の公平性をチェックしています。

●東大下落の理由は、東大が落ちているというよりは、
他が上がっているという印象です。
アジアで言えばシンガポールや中国の躍進は
目を見張るものがあり
ます。



●「世界大学ランキング」は受験生に対するPRになりえるのか
現実に影響を与えています。
例えばアジア圏の大学を志望している
優秀な高校生はまず一番ラン
キングが高い
シンガポール国立大学を選ぶでしょう。

東大に行こうとは思わないですよね。
実際に海外からの受験生で東大に合格した
50人程度の高校生のう
ち、
実際に入学したのは数名だったそうなんです。


なぜかと言えば、彼らは東大にも受かっているけど、
シンガポール国立大学(アジア1位)、
北京大学(アジア2位)
などにも受かっている。
だからシンガポールや中国に行くんです。 


★実際のところ東大は劣化しているのか。
東大生は実際、バカになったのか。
日々東大生と向き合っている教授たちは、
彼らのことをどう見ているのだろうか。


「たしかにかつての東大には、"天才"と呼べるような学生が
全国から集まっていましたが、

今は昔と比べてレベルが落ちたように感じます。
やはり、
塾や中高一貫校などの受験システムが確立されて、
そのお蔭で合格できる学生が増えたことが
影響しているのでしょう

それは、
こうしたシステムが整っている首都圏に合格者が
圧倒的に多いこと
からも明らかです」
 そう話すのは、東大工学部名誉教授・松島克守氏だ。
「もちろん、50年ほど変わらず毎年約3000人の学生が
全国から選ばれてい
るわけですから、
他大学に比べれば皆優秀で、ピンキリの、

ピンの学生の優秀さは今も変わりません。 
IQは高くて知的腕力もあり、まるで日本刀のような
切れ味をもつ学生が50人に1人は必ずいま
す。
こうした学生は、何をやらせても圧倒的にスピードが早い。

たとえば修士論文にしても、
集中力と頭の回転がケタ外れですから、
普通の人の半分の時間、
数ヵ月で
あっという間に仕上げてしまう。 

それ以外には、切れ味でたとえると
よく切れるが折れやすいカミソリ、

鋭さはないが朴訥で堅実な木刀などの層がいるわけですが、
おしなべて大人しく周りに合わせていく小粒な学生が増え、
昔の東大生にいたような、優秀でさらに野心もある、
迫力のあるタイプが減ったように感じます」
「みんな大人しくて質問もしないし、
意見も言わないし、
学生同士で議論もしない。
研究とは独立して知の闘いの世界で生き抜いていくこと。
これでこの先、生きていけるのか心配してしまいます」

東大の著名な先生方は塾や中高一貫校などの
受験システムが確立さ
れて、
そのお蔭で合格できる学生が増えたことが
大きな原因だと考えてい
るケースが多いようですね。

他方、地方では教育インフラがほぼほぼ全くと言っていいくらい
整備され
ていないと言っても過言ではない。

これだけICT教育が叫ばれている現代においても
その傾向に大き
な変化は見られません。
本来ならば地方の教育格差はITによって
改善されて行ってもおか
しくはない...
そのような考え方にも一定の妥当性はあるはずですが
現実にはそう
なっていません。

なぜでしょうか?

次回のブログではこの原因について
考えてみたいと思います。blush



 

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/9/19 16:20

毎年5月を超えるころから
教学社という出版社を導入している
大学入試シリーズ』が店頭にならびはじめる姿を
目にしたことがあるでしょう。



全国ほぼすべての大学・学部の過去問が
収められている赤本だが、

『これを使うのは、まだまだずっと先だな』
と思っている人が多いと思います。

しかしここに大きな落とし穴があるのです。

『今は学校の勉強をしっかりやって成績を上げ、
入試直前になってから、赤本で力試しをする』。
そんな風に考えている人も多いと思います。
そうこうするうちに本番一か月前になり、
赤本を手に取って青ざめる...。
そんな学生さんが後を絶ちません。

例えば、東京大学の過去問を例に挙げてみましょう。
東大の日本史の過去問を見てみると...。


なんと短答式の問題もマーク式の問題も一問もない!
見渡す限り、論述問題ばかり...という事に気付き、
愕然とするということが起こりうるのです。


しかし残り一か月でやれることは
ほとんど残されていない。。。

このようなことは学校の試験はもちろん、
通常の受験問題集や模擬試験にはまず出てきません。

最悪全滅もありうるところ、
この傾向を踏まえて対策を練ると
それほど厳しい問題ではあ
りません。

そうなる前にやっておくべきは
『まず赤本を買ってくる』
ということです。
今すぐ志望校の過去問を買ってくる。
赤本を読まずに受験勉強をするということは
ゴールを定めずに走り
出すのと同じだからです。
まずは最初にゴールを決めなければなりません。
そして現状の自分自身との距離を考え、
対策を練っていかなければなりません。

ハース未来塾では
『ゴールから考える逆算方式』
の勉強法を
実践しています。

 
ぜひ体験授業&カウンセリングを受けに来て下さい。

お問い合わせは
093-243-3119



 

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/9/11 22:18

Hello, everyone!
How are you?

皆様、英検の一次試験があと1ヵ月後に迫ってきました。
準備は整っていらっしゃいますか?

「あと1ヶ月しかない」と思うより、「まだ1ヶ月もある」
と思ってください。
勉強の時間が思うように取れなかった方、勉強はしたけど
自信がないと言われる方、諦めるのはまだ早いです。

残った時間を有効に活用して、ラストスパートに全力を
尽くしてください。

日々勉強されるなかで、その方法についての疑問や悩みを
抱えていらっしゃる方、ハースサイドではそのような方への
カウンセリングをご用意しています。

9月16日(土)の15時から、ワンコイン(500円)でご相談
に応じさせていただきます。対象は3級・4級・5級を受験
される方です。




ぜひ、お申し込みください。



カテゴリ : 
日々の出来事
2017/8/26 21:35

      Hello again!

     第1部に続き11:45分より  中間イオン店での
  第2部レッスンの様子をご紹介しますね。


  第2部は、参加型のレッスンをさせて頂きました♪
  
ご来場の皆さま方にお声かけさせていただくも、恥ずかしいので、と
  お断りされる中、2組のご家族が参加してくださいました!!Thank you so much.
      どちらも赤ちゃんと3歳のご家族です。

  内容は、第一部と同じ予定でしたが、
  急遽マーク先生がBabyバージョンに変更しながら
  レッスンスタートしました。

  
  1,2,3,4,5 Monkeys!
  前に立って大きな声で発表出来ましたねyes Excellent!


  
        マーク先生が 「Zoo」を読み聞かせると
    登場する動物に興味深々ですねdevil


   最初は、恥ずかしがり屋の2人から、
   もう一回聞きた~いとのアンコールをいただきました。Thanks a lotheart

        

         最後に、ご多忙の中、ご参加くださいましたご家族の皆さまと
   ステージに足をお止めいただき、温かいご声援をくださいました
   皆さまに心より御礼申し上げます。      

    

          
   
  

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/8/26 20:30

 本日、イオン中間店テレビの広場にて当校のイベントレッスンがありました。

 一部は、11時~   アンディ先生、マーク先生、マーティン先生、セレネ先生、
    美佐子先生と当校の生徒様6名でのデモレッスンでした。
   
    レッスンは、単数形、複数形の違いを学習する内容で、
    「How many~?」の歌やアクテビティを取り入れ
     あっと言う間の30分でした。
    生徒さんたちは、緊張することもなく、大きな声で英語を話す様子に
    ご観覧いただいた皆様より、拍手とお声かけを頂きました。Thank you so much!
    

        

        
 
        

        
                              「How many trtees?」

                           

        カーテンは、3秒しか開かないので、
                            急いで!急いで!
        

        

        

        

        最後は、Five little monkeys を合唱して第一部のイベントが終了いたしました。

        また、本日のイベントにご参加いただきました、当校の生徒様及び保護者の皆さまに
        多大なご協力を賜りましたことにスタッフ一同心よりお礼申し上げます。
        
      

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/31 14:03

Hello, everyone!
How are you doing?

 
サマーキャンプに行ってきました!
 
7月28日・29日の2日間、佐賀と長崎での英語とアクティビティー
いっぱいのキャンプでした。








 
世千原少年自然の家での充実した英語研修に加えて、お子様たちは
佐賀の宇宙科学館で地球と宇宙の不思議を体験。また九十九島リゾート
では海賊船でのクルーズを楽しんだ後、水族館海きららで海の不思議を
学びました。
 









キャンプで習得したオクトパスの英語の歌を解散式で披露。「今日海賊船
に乗ってとても楽しかった」という文章も英語で言えるようになりました。
 
2日間の短いキャンプ旅行でしたが、みなさん本当に楽しそうに過ごされ、
英語にじっくり触れる貴重な体験となりました。
 
このイベントにご協力してくださった保護者の皆様に、感謝いたします。
 
 

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/25 19:40

この度、ハース未来塾 塾長に就任致しました、森上 晋平(もりがみ しんぺい)と申します。
日々暑さがましておりますが、皆様、体調はいかがお過ごしでしょうか?

本校では28日・29日に英語のサマーキャンプを行います。
参加される方の素敵な思い出となるように、スタッフ一同わくわくしながら準備を行っております。

皆様にとっても今年の夏休みが有意義なものとなりますように!

また、本校に興味をもって下さった方はお気軽に本校にお立ち寄り下さい。

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/15 11:20

Hello!
Atsukoです( ^ω^ )

鋭意製作中だったサマーキャンプのしおりがついに完成しましたっっ!!!お待たせして申し訳ありませんでした!



カラフルな背表紙がポイントです!笑
どれがもらえるかはお楽しみです(*´∀`*)
中にはレッスンで使う英語のフレーズも書いているのでキャンプまでに目を通しておいてくださいね♩

また一緒に2日目のハンバーガーに関するアンケートもお渡ししますので、必ず記入してくださいね!
スタッフ一同、みなさんの思い出に残るキャンプにしようと張り切っておりますのでどうぞよろしくお願いします♩

では今日はこの辺で....
Have a good weekend!