• カテゴリ 日々の出来事 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM
本文をご覧になるにはタイトルをクリックして下さい
カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/31 14:03

Hello, everyone!
How are you doing?

 
サマーキャンプに行ってきました!
 
7月28日・29日の2日間、佐賀と長崎での英語とアクティビティー
いっぱいのキャンプでした。








 
世千原少年自然の家での充実した英語研修に加えて、お子様たちは
佐賀の宇宙科学館で地球と宇宙の不思議を体験。また九十九島リゾート
では海賊船でのクルーズを楽しんだ後、水族館海きららで海の不思議を
学びました。
 









キャンプで習得したオクトパスの英語の歌を解散式で披露。「今日海賊船
に乗ってとても楽しかった」という文章も英語で言えるようになりました。
 
2日間の短いキャンプ旅行でしたが、みなさん本当に楽しそうに過ごされ、
英語にじっくり触れる貴重な体験となりました。
 
このイベントにご協力してくださった保護者の皆様に、感謝いたします。
 
 

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/25 19:40

この度、ハース未来塾 塾長に就任致しました、森上 晋平(もりがみ しんぺい)と申します。
日々暑さがましておりますが、皆様、体調はいかがお過ごしでしょうか?

本校では28日・29日に英語のサマーキャンプを行います。
参加される方の素敵な思い出となるように、スタッフ一同わくわくしながら準備を行っております。

皆様にとっても今年の夏休みが有意義なものとなりますように!

また、本校に興味をもって下さった方はお気軽に本校にお立ち寄り下さい。

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/15 11:20

Hello!
Atsukoです( ^ω^ )

鋭意製作中だったサマーキャンプのしおりがついに完成しましたっっ!!!お待たせして申し訳ありませんでした!



カラフルな背表紙がポイントです!笑
どれがもらえるかはお楽しみです(*´∀`*)
中にはレッスンで使う英語のフレーズも書いているのでキャンプまでに目を通しておいてくださいね♩

また一緒に2日目のハンバーガーに関するアンケートもお渡ししますので、必ず記入してくださいね!
スタッフ一同、みなさんの思い出に残るキャンプにしようと張り切っておりますのでどうぞよろしくお願いします♩

では今日はこの辺で....
Have a good weekend!

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/13 16:51



Everyone who studies a foreign language hopes to one day use it to communicate with native speakers in their language or in  a professional environment. The examples mentioned above are to examples of "Communicative Proficiency"

 

To reach these goals there are two major steps, the first one is to GET the language through LEARNING, the second is to USE what you learned through PRACTICE or SPEAKING with native speakers.

 

In other words, you have to STUDY but most students get stuck there. Don't do that, challenge yourself everyday to PRACTICE and PERFECT what you have GOT!

 

I believe that each situation has one major LEARNING focus. 

 

In the first goal of communicating with native speakers beyond the basics (textbook language) you need to know KNOW and be able to USE natural language (not textbook language) and many idioms to smoothly communicate with native speakers.

 

At this learning stage the focus should be MORE on doing and LESS on studying.

 

 



In the second example, communicating in a professional environment, we have to use our SKILLS, KNOWLEDGE and HABITS from the past. In addition,we also have to GET and be able to USE loads of new vocabulary. In my opinion, it is best to understand the professional vocabulary of finance, law, and health. 

 

At this time it is OK to do conventional studying but dont forget to DO more that you study. To do this, I suggest reading the newspaper, its a free text book for those interested about whats happening in society.

 

Next week I will talk about how to make and use word lists effectively!

 

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/10 13:20

       

      前回のブログで七夕について書かれていて、久々に夜空を眺めてみましたcool
      子どもの頃は、笹の葉に願いを書く事が一大イベントでしたねyes
      それから、おり姫とひこ星の話は、ハッピーストーリと思っていましたが、
      いつの頃か悲恋物語と知りショックを受けたものですcrying

      今回は、欧米にはない七夕物語を英語で読んでみましょう!
     "The Tanabata Story"
      
     July 7th is TANABATA. The most well-known story is as follows. 

    A long time ago, TEN-KOU, the god of the sky, had a daughter called ORIHIME.
    Everyday she wove cloth for the Gods with a special machine called TANAHATA.
    It is believed that the word TANABATA comes from the name of this
              weaving machine,
              TANAHATA.TEN-KOU was worried because his daughter worked every day
              and did nothing but weave.
    So he introduced her to a guy on the other side of the river named
               AMANOGAWA      (to us it's the Milky Way).
    His name was HIKOBOSHI or KENGYU. KENGYU took care of cows
              and was a workaholic.
    ( KENGYU means cow care-taker, and HIKOBOSHI is his actual name.)
    When they met each other, they fell in love immediately,
               and spent all their time together.
               As a result,all the cows became sick and the gods' clothes became worn out,
               but there was no new cloth to make more.
    This made the two lovers so sad that they couldn't work.
               TEN-KOU also felt sorry,
    so he decided to let them meet each other once a year on July 7th
              if they worked hard.
    Now, they work as hard as before and look forward to seeing each other
              only once a year.
 
    Traditionally, people wished the sky would be clear on that day
              so the two could meet over the Milky Way.
    If it rained that day, the water level of the river AMANOGAWA got too high
               and could not be crossed.
    People wished this by writing the wish on a piece of paper and
              hanging the paper  on a bamboo tree.
              Nowadays,people write their own wish on the paper.
    This is the most well-known story of TANABATA,
               even though there are many others..
    It seems this story originally came from China.In the Chinese Calendar,
    there is almost always a half moon on July 7th and they believe ORIHIME
               and KENGYU use that half moonas a boat to meet each other
              over the great river in the sky, AMANOGAWA.

    

    
       
    
      

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/8 12:30

Hello, everyone!

Atsukoです♪

7/7は七夕でしたね。しかし今年は集中豪雨に見舞われそれどころではなかったですね。
私も朝の4時にスマホの避難警報で飛び起きてびっくりしてそれからねられなくなり7日は寝不足でした(汗)
皆様のご家庭やご家族は大丈夫でしたでしょうか?
同じ県内でもこんなに被害が違うのかとびっくりしましたね。
一日でも早い復興を祈っています。

さて、話を戻して七夕。
七夕と言えば織姫と彦星が出会える「天の川」が有名ですね。英語ではMilky wayと呼ばれています。
実は、天の川は7月7日だけ現れるわけではなく、冬でも見ることができるのはご存知でしたでしょうか?
昨年、NZに滞在していた時に、6月の天の川を見ることができました!
それがこちら。



写真の右上から左下にかけて、うっすら帯状に見える星たちが天の川です!
NZの南島にあるテカポという町の近くにある山のふもとでとりました。
この日は雲が薄くかかっていたのですが、それでもばっちりいろんな星を見ることができました。
テカポは星空の町として有名で、観光客でにぎわっていますが、とっても小さな町なので夜は真っ暗でとてもよく見えます。
星がありすぎて落ちてきそうだと初めて思いました!
ぜひ気になる方は調べてみてくださいね♪

ではでは!
See you next time:)

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/6 19:39

Last week I talked about choosing a dictionary and which one I thought would be the best
for you as you start on the roadto your English study.

 
So now that you have your perfect dictionary how do you use it effectively?
 
 

First let’s consider this; Most people use their dictionary PASSIVELY. They only use it when
they want to understand something.
 
They start off reading a book and when they find a word they don’t know, they open their
dictionary to read and understand the meaning.
 
I want you to stop this. It does not work for learners. After three days you will have
forgotten the word you searched for in your dictionary.
 

Let’s use our dictionaries ACTIVELY. What I mean by this is when we look up words
in our dictionaries lets RECORD what we have looked up, let’s keep track of it.
 
We can take this one step further by making a WEEKLY WORDLIST or even a
DAILY WORDLIST for our further ACTIVE study.
 
Beyond RECORDING and preparing our future study, we can also ACTIVELY use our
dictionaries when we are writing to look up the spelling of a word or to check
if we are using the word correctly.
 
For those of you who are preparing for some English tests you should start out with
the first example. We all need more vocabulary even native speakers.

Good Luck !

-Josh

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/3 17:25

皆様、梅雨時のジメジメとした天気が続き、さらに
台風の心配もある中、いかがお過ごしでしょうか。
 
今年もサマーキャンプの時期が来ました!
お子様のお申し込みはお済みですか?
 
今年のプログラムも自信を持ってお勧めできます。
 
長崎県立世知原少年自然の家での英語研修と宿泊に
加えて、今回はさらに目玉として佐賀県立宇宙科学館、
そして九十九島パールリゾートにある水族館『海きらら』
と海賊遊覧船クルーズを日程に入れています。
 
まず1日目は宇宙体験を。
緑が美しい木立の中に突然現れる近未来的な建物、それが
今回訪れる宇宙科学館です。
 



中では地球の不思議や宇宙の不思議を身を持って体験でき、
楽しみながら学べるアトラクションや展示が満載です。
アトラクションには年齢・身長制限もあったりするので、
ご注意ください。
もちろん、英語の案内(標記)も準備されています。



 

2日目は海の謎を学びます。
 
海賊遊覧船クルーズでは写真のような大型船に乗って
九十九島の景観を楽しみつつアクティビティーに参加
していただきます。
 


水族館『海きらら』では、様々な海の生き物の生態に
触れて、驚きと感動を味わっていただきます。イルカの
ショーもきっとお子様方は興奮してご覧になることで
しょう。もちろん、ここでも英語の案内(標記)があり、
英語の勉強を兼ねています。
 










このように、今年のサマーキャンプも学びと楽しみが
いっぱいです!
詳しくはウェブサイト、もしくはスクールに設置して
ある案内をご覧ください。

定数はありますが、今ならまだ間に合います。
どうぞお早めに!

カテゴリ : 
日々の出来事
2017/7/1 22:51

Hello everyone!
Atsukoです!

この仕事に就いてよく質問されることが、どうやって英語を勉強してきたのかや、どれぐらいで英語を習得できるのか、などです。
今回はこの事について私なりに思っていることを書こうと思います

まず、どうやって勉強してきたかというと、前提として私はハースサイドのような英語教室や英会話スクールには通ったことがありません。(ニュージーランド滞在時の語学学校は別です)
なので、学生時代は学校での授業のみです。英語に触れたのは中学生の授業が初めてです。
ただ父や兄の影響で、洋楽が好きだったので、(勉強ではありませんが)よく聴いていましたし、今でも大好きです!
日本の英語教育はご存知の通り文法中心ですから、大学に行くまでは喋ることはできませんでしたし、リスニングも得意というわけではなかったです。(ですから、通ってくださっている小学生や幼稚園のお子様方のリスニング力はただただ羨ましいです!)

英語をがんばって勉強したな!と思うのは、高2の冬に本格的に大学進学について考えていたころから、先生にお願いして授業とは別に長文読解用のドリルをプリントにしてもらい、自分で解いていたことです。ひたすらに問題を解いては答え合わせをして、そのあと知らない単語を調べ、文型や文法を確認するという作業を2、3日に1ページのペースでやっていました。

高校をピークにガツガツ英語を勉強することはありませんが(笑)、今は英語での日記を続けています(Josh先生もブログで以前書いていましたね!)。
ちなみにその日記がこちら。Questionに答える形式なのでネタ切れすることなく書けます!


どういうやり方が正解というのはありませんが、どんな方法であってもコツコツ続けることが1番の近道かなと思います。

そしてこのコツコツ具合で、英語の習得は本当に人それぞれです。大人になればなるほど、努力次第で差が出ると思います。毎日欠かさずCDを聞いたり、誰かと英語で話したりすれば、一年で成長が見えるでしょうし、週に1回授業に参加するだけでは衰えることはなくても英語力が飛躍的に伸びることはありえません。

語学はまさに「継続は力なり」です!

私もまだまだ英語が完璧というには程遠いので、コツコツ勉強しようと思います。

ではでは今回はこの辺で...
Have a good day♩


カテゴリ : 
日々の出来事
2017/6/22 11:14



Many students passed the written part of the Eiken test. You all did better than I had imagined…

 
 


CONGRATULATIONS !!!

 

Now we need to work hard to pass the interview part of the exam. I am sure you can do it.

 

Here are some tips !

 

For the reading out loud part of the the interview lets focus first on reading the words clearly. This means read the final sounds of the words clearly so the listener can easily hear when one word ends and the other begins.

 

Second lets focus on intonation and pausing. This is not difficult so lets keep it simple. We use rising intonation to grab the listeners attention or ask a question. We use dropping intonation to make what we want to say clear.

 

Finally we use pausing to make the listener listen more carefully.

 

For the questions you will be asked please listen to what kind of question it is.

 

For example is it a 5W2H Question, is it a Yes / No Question?

 

If you know what kind of question it is then it is easy to give the right answer!

 

Lets give it our best!