~Go for 2020~ ②
カテゴリ : 
お知らせ
2018/1/20 17:20

  ~2020年に英語教育が変わります~







文科省より発表されている小学校5,6年生の外国語活動の変更点は、
以下のようになります。


1)学習時間数が現行35時間から70時間へと2倍になる
2)現在の教育内容「聞く」「話す」に「読む」「書く」が加わる
3)成績評価がされるようになる(通知表にも載る)

特に、「読む」「書く」が加わりますが、コミュニケーション能力の
育成が本来の目的ですので、「読む」「書く」を取り入れることで
一人ひとりの考え、想いを伝える手段としての「読み」「書き」であり、
文法や単語をひたすら暗記するものではありません。



さらに3,4年生には、外国語活動が始まり、教科化されるまでの2年間で、
英語に慣れ親しませながら良質な英語に沢山触れさせます。
まずは、「聞く力」「伝える」を養う期間となるでしょう。

懸念されるのは、現場の指導力であったり、指導者の温度差です。
英語の学習を続けていく上で「英語が楽しいもの」と感じることがとても大切です。
現場での学習環境整備を是非、急いでほいいと願うばかりです。

また、語学学校にお通いただくメリットは、
英語学習のサイクルが整うこと、毎回沢山の外国人教師にふれ合いながら
学習した内容をアウトプウト出来ること、さらには、英語教育を相談できる
カウンセラーがいることです。
英語は、4技能だけでなく6技能の時代になりました。どのように取り組むことが
ベストなのか、プロの英語アドバイーと相談しながら英語力を作ることが
重要です。



      

      放課後イングリッシュスクールでフォニックスの
      アクテビティをしています。